« 元祖DJポリス | Main | ブラームス 交響曲第3番 ヘ長調 op.90 »

November 11, 2016

逃げるが勝ち

一流企業で働いていた女性が自殺したというニュースを読んだ。
過激な残業時間や職場での厳しい対応が精神的な重圧になっていたことも一因だといわれているが、まだ若いこの人の人生って何だったのだろうと思う。
多分、小学校の高学年から10年近くは塾や予備校に通い大学での4年間だけは自由な時間を過ごせたと思うけれど、念願の一流企業に入ってからはさらに厳しい仕事の連続で追い詰められたのだろう。優秀な大学を出て責任感も人一倍強かったため逃げるという選択肢など思いもしなかったのだと思う。
この事件は中学校や高校でよくあるいじめによく似ていると思う。いじめられても周りは見て見ぬふりなので家族に相談もできないまま自死に追い込まれることがあるがこういう場合は逃げるしかないのだ。
そう、学校なら休めばいいし会社なら休むかいっそ辞めてもいいのだ。学校に行かなくても何とかなるし会社の代わりはいっぱいある。学校や会社の代わりはたくさんあるけれど自分の命はこの地球上でたったひとつなのだ。
義務教育とか仕事の責任を云々言うのなら教育機関や会社は勉学や業務を果たせる環境を与えなさいと声を大にして言いたい。
それでも先生方や上司の方でこういうことが分からない人がいたら自分の息子や娘が自殺した時のことを少しだけ思い浮かべればいい。それでも学校や仕事が大事だと言うだろうか。
我慢できなければ逃げよう。
そして新しいチャンスを得て活躍すればいい。
人生は長い。
 
 
昨年の京都、祇王寺の紅葉。 
 
Img_0102wm2

 


|

« 元祖DJポリス | Main | ブラームス 交響曲第3番 ヘ長調 op.90 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 元祖DJポリス | Main | ブラームス 交響曲第3番 ヘ長調 op.90 »