« ヴィヴァルディ ヴァイオリン協奏曲 op.6 | Main | 逃げるが勝ち »

November 05, 2016

元祖DJポリス

若い時に読んだ本のお話です。
イギリスはロンドンの街角で労働者風の男が演説をしていました。
「我々の生活がこんなに苦しいのは政治が悪いんだ!」などと激しく政府を攻撃していると次第に大勢の人が集まりだし「そうだ、そうだ!」と騒ぎが大きくなります。
そのうち「これからみんなで国会議事堂へデモに行こう」と言い出す者が出ると「いや、そんな生ぬるいことではダメだ。いっそバッキンガム宮殿を焼き討ちにすればいい!」と群衆はますます興奮状態になっていきます。
そこへ一人のお巡りさんが出てきて「さあ、みなさん、道を開けてください。議事堂にデモに行かれる人は右へ、バッキンガム宮殿焼打ちに賛成の方は左へ」
この言葉を聞いた人から笑い声が出てそのうち興奮状態から覚めた群衆は一人二人とその場から離れ、やがて元通りの静かさが戻ったそうです。
 
 
ここは神戸元町の街角。
結婚情報誌かなにかの写真撮影の情景。
 
P1020772wm_2


 

|

« ヴィヴァルディ ヴァイオリン協奏曲 op.6 | Main | 逃げるが勝ち »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ヴィヴァルディ ヴァイオリン協奏曲 op.6 | Main | 逃げるが勝ち »