« 美術館での撮影 | Main | シューベルト ピアノソナタ 第21番変ロ長調 »

October 13, 2016

最近のテレビドラマ

私の一押しはNHKで土曜の夜に放映される「夏目漱石の妻」です。
漱石の妻鏡子の目から見た漱石のお話です。悪妻として知られる鏡子ですが、常識知らずで気が弱く金銭感覚の無い漱石を陰で支えていたことがよく分かります。没落した実家の父が金の無心を頼みに来たときは家計のやりくりが大変で余裕のないことを告げ涙ながらに断ります。漱石の小説が有名になったことを知った養父が、将来も何かあれば義理を欠かさないと書かれた念書を手に無心に来た時もコツコツためたお金を渡し、念書を取り返します。ここでの雨中ずぶ濡れになりながらの尾野真千子の演技力のすさまじさには胸をうたれます。
夫というか家庭を守るためには世間の目を一切気にしなかった鏡子は本当の意味での良妻だったのだと感じた次第です。
あと、やはりNHK広島局の製作の「ママゴト」というドラマが独特のゆるさで楽しい。友達のホステスに無理やり子供を押し付けられたホステスが、昔赤ん坊を亡くした思いもありやがてその子に母性を感じるようになっていくのですが広島弁が効果的でこのほのぼの感が好きです。
朝ドラの主人公の女優さんは独特の影の薄さが魅力的。

Y新聞連載の「花咲舞が黙っていない」が終わって残念。
テレビドラマの再放送を期待します。
 
まだ早いけれど紅葉が楽しみ。
 
Img_0038wm


|

« 美術館での撮影 | Main | シューベルト ピアノソナタ 第21番変ロ長調 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 美術館での撮影 | Main | シューベルト ピアノソナタ 第21番変ロ長調 »