« たかがオリンピック | Main | 「おことば」を聞いて »

August 06, 2016

真のエース

明日から夏の全国高校野球大会が始まりますが、これは大阪大会の地区予選決勝でのお話。
片や選抜も含めて大会に何度も出場している2人の投手を擁する強豪R高校、もう1校は一人の投手で予選を勝ち進んできたK高校です。R高校は1回すぐに点を入れた後も着実に点を重ねて行きましたがK高校は3日の休養がある相手投手の前に点を取ることが出来ません。これまで予選7試合を一人で投げてきたK校の投手はこの試合でも9回170球を投げて結局0対12で負け投手になりました。
9回も2ランホームランを打たれ、また1塁に走者を出したのですがダブルプレーでなんとか切り抜けてベンチに戻るとき守備陣から労うように肩をたたかれた途端それまで冷静だった彼の顔がくしゃくしゃに崩れたのです。その後ベンチに戻っても涙が止まりません。テレビを見ていた私も思わずもらい泣きしました。
試合の中盤くらいからは勝てそうな雰囲気もない状態でも最後まであきらめずに淡々と投げ続けた彼こそが本当に真のエースだと思った次第です。トーナメント方式では1試合でも負ければそれで終わりです。チームを少しでも決勝へそして甲子園へと導いていくためには彼が投げ続けるしかなかったのです。それはある意味監督よりも重い責務だったのです。
甲子園からプロへ進む選手も多いでしょうしプロ球団やマスコミの目もそういった選手に注がれるのは仕方ないことです。しかしたとえ試合に負けてもこれだけの強い責任感を持った投手こそ真のエースだと言いたいのです。彼は今後きっとすばらしい社会人になるだろうと確信しています。
ちなみに大量の点差が付いた9回に盗塁をしたR校の選手は大リーグなら味方のファンからも大ブーイングを受ける行為であることを知らなかったのでしょうか。
 

この1週間いろいろ忙しくて久しぶりの更新です。
 

Img_10671s


|

« たかがオリンピック | Main | 「おことば」を聞いて »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« たかがオリンピック | Main | 「おことば」を聞いて »