« 怒りを越えて | Main | ヴィヴァルディ 「調和の霊感」 op.3 »

June 13, 2016

「お好み焼き?」 「いいえ」

昨夜、奥さんが突然「私も○っ○うを食べなきゃ」と言って作ったおかずです。
 
P1030114s
 
身体に良い食べ物として必ず出てくる食品で、私は毎朝食べているのですが独特のにおいと粘りで敬遠する人が多く奥さんもその一人です。
普段はあまり変わった食べ物にチャレンジしない人ですが閃いたアイデアは、その食材をよく混ぜてタレをかけて(通常の食べ方)から卵を入れて再びよくかき混ぜてから小さなフライパンで焼くというもの。出来上がりは中皿の大きさで、まあ1人前ですが昨夜は二人で晩酌のおつまみとして少しだけ醤油をかけていただきました。
気になる臭いも(私は好きな)ネバネバもなくなり大豆の柔らかい触感が舌にやさしく、ちょっとはまりそうです。奥さんも「これならOKよ」と完食。昨夜は試作段階でしたが作るのも簡単なので今後は2パックと卵2個を使ってちゃんとしたおかずとして食べようと思います。ちなみにからしは入れませんがネギはお好みで入れてください。
もうお分かりですね。その噂の食材とは納豆です。特に苦手な方にお薦めですが混ぜる時だけは臭いがするので卵を入れるまでは我慢してください。


|

« 怒りを越えて | Main | ヴィヴァルディ 「調和の霊感」 op.3 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 怒りを越えて | Main | ヴィヴァルディ 「調和の霊感」 op.3 »