« ヴィヴァルディ 「調和の霊感」 op.3 | Main | 節約って言われなくても »

June 18, 2016

天才 冨田 勲

5月に亡くなられた作曲家の冨田勲氏のお別れ会が6月15日に営まれたのですがそれを取り上げた番組のなかでNHKの「きょうの料理」のテーマ曲も作曲されたことを知って驚きました。Youtubeによると1日で作れと言われ手のあいていた打楽器奏者とマリンバで作曲したそうです。
この曲は、のだめがコンクール会場に向かうバスの中で必死に楽譜を覚えている最中に耳に入り込み「ペトルーシュカ」が途中で「きょうの料理」に替わるという事件を引き起こしたことでも有名になりました。
同じくNHKの「新日本紀行」のテーマ音楽も冨田さんの作曲ですが、個人的には彼の最高傑作ではないかと思っています。日本人だけが分かる郷愁をこれだけ表現した音楽はそうざらにはありませんね。こういった正反対と言ってもいい楽曲を生み出す才能を持つ彼を天才と言っていいと思いますnote
彼はシンセサイザーの先駆者でもありますがホルストの「惑星」をアレンジしたものも有名です。私は当時シンセ音楽に否定的だったのですが今となれば聴いてみたいと思っています。(少しは聴いていましたが)
 
 
2年前に頂いたフクシアを挿し木したものがたくさん増えました。
紫陽花と一緒に記念撮影です。EOS KissX7i 18~135mmズームで。
このレンズ、高倍率ズームなのにボケが結構きれいなのがうれしい。
クリックで大きくなります。
 
Img_0817wm

 

|

« ヴィヴァルディ 「調和の霊感」 op.3 | Main | 節約って言われなくても »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ヴィヴァルディ 「調和の霊感」 op.3 | Main | 節約って言われなくても »