« B787で沖縄とお別れ | Main | モーツァルト ピアノ協奏曲第24番 ハ短調 K.491 »

April 02, 2016

「おおきに」 あさが来た

NHKの朝ドラ「あさが来た」が終わりました。
朝ドラを録画して夜ゆっくり見るのが習慣なのでつまらなくても見ていますがこのドラマは本当に面白かった。特に主演のあさを演じる波瑠さんの明るくて堂々とした演技に魅せられました。着物姿でも洋装でも本当に貫録十分でよくよく見ればまだ20代前半の若い女優さんなのにすっかり役になりきっているのがお見事です。また、今の大阪人ではもう使わないような昔の浪速言葉を見事に使いこなしたのは旦那さま役の玉木宏も含めてほんとうに立派。物語も主人公の半生だけでなく大小の色恋沙汰も絡めていて飽きません。さすがNHKだけあって俳優さんも粒ぞろいですが、私のお気に入りは女子大であさに私淑する丸いメガネをかけた田村宣(吉岡里帆)さんです。浪速言葉も上手なので調べたら京都育ちとかnote
ということでちょうど大阪BKでこのドラマで使われたセットの見学ができるというので近くに用事があったついでに奥さんと行ってきました。

「どないや、せっかくやからちょっとBKに寄ってみぃひんか?」
「へえ、旦那さまがそない言わはるんやったら行きまひょか」
セットは撮影現場で使ったものを一旦分解して改めてBK1階のアトリウムで見やすいように組み立てて展示されていました。
まず撮影に使われた看板や表札などがあります。
 
P1020930wm
 

白岡家の中庭。左奥にいるのは、うめ。
「せやけど、ようこんな小さいセットで撮影してましたんやなぁ」
「ほんま、びっくりポンや」
 
P1020931wm
 

もう少し右から見た中庭。右奥にいるのは、はつ。
「あさが居てしまへんなぁ」
「だんなさま、ほら、家の上の方に浮かんでますがな」
「ホンマや。びっくりぽんやなぁ」
 
P1020933w2m
 

白岡家の中庭の右側は加野銀行の役員室。奥は加野銀行の店内。
「このドレスが着れるんやからあさはウエストが細いんやな」
「これ、買うてくれはったらわたしかて着れますけど・・・」
「・・・ほな、先行こか」
 
P1020936wm
 

加野銀行の店内。右奥が応接室。左奥が白岡家の中庭。
「あさのドレス、なんやちょっと変やなぁ」
「でも、この女優さんほんまきれいやわぁ」
「ほんまや。慣れん浪速ことば使こうてようがんばりはったなぁ」
 
P1020938wm
 

「旦那さま、ここでわたしも写しておくれやす」
「よっしゃ、目ぇつぶったらあかんで。あら、顔だけピンボケやがな」
 
P1020950w1m

|

« B787で沖縄とお別れ | Main | モーツァルト ピアノ協奏曲第24番 ハ短調 K.491 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« B787で沖縄とお別れ | Main | モーツァルト ピアノ協奏曲第24番 ハ短調 K.491 »