« 万博公園 桜とチューリップ | Main | ボッケリーニ 弦楽五重奏曲ハ長調 Op.30-6 「マドリッドの夜警隊の行進」 »

April 11, 2016

ベートーヴェン ピアノ協奏曲第5番変ホ長調 「皇帝」 Op.73

NMLで。ブレンデルの独奏、レヴァインの指揮、シカゴ交響楽団の演奏。
「皇帝」は最初に聴いたクラシックレコードなので今でも大好き。
ただ、あまり豪壮さを表に出した演奏よりピアノとオーケズトラが対等に掛け合ってフィナーレに進んでいくものがいいですね。ベートーヴェンの多くの曲の緩徐楽章の常でこの曲の2楽章も魂が吸い込まれそうなほど美しいのが魅力です。このコンビの演奏は1番から4番まで持っていますが5番は無くてNMLで始めて聴きましたがブレンデルはもちろんレヴァインがシカゴ饗からヨーロッパのオケかと思うほどしなやかな音色を引き出しているのがさすがだと思います。

さて、この半年ほど地域の将来のありかたについて少しばかり協力していたのですが無事に結果が出ました。私自身切望したことではあるのですが、それ以上に若くてクレバーなリーダーが真摯に取り組む姿勢に惹かれていたので自分のうれしさより様々な抵抗を乗り切って疲れ切ったリーダーに心から感謝したいと思っています。

ベートーヴェンが楽聖として尊敬されるのは耳が不自由なのに名曲を書いたからではなく晩年になっても常に前向きに挑むような曲を書き続けたからです。
歳をとってヒマになってからは昔の自分の成功話や自慢話に興じ、それだけでなく若い人の新しい提案に対し重箱の隅をつつくように懸念や危惧ばかりを見つけ出してはねのけるご意見番諸氏が多いのに驚くと同時に自身はそうならないように常に新しい情報に接し勉強しなければと思う日々です。


庭の花たちもうれしそうです。山吹が芽吹きました。
 
P1020951wm


|

« 万博公園 桜とチューリップ | Main | ボッケリーニ 弦楽五重奏曲ハ長調 Op.30-6 「マドリッドの夜警隊の行進」 »

「協奏曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 万博公園 桜とチューリップ | Main | ボッケリーニ 弦楽五重奏曲ハ長調 Op.30-6 「マドリッドの夜警隊の行進」 »