« ハイドン 交響曲第86番 ニ長調 | Main | 海の碧、山の緑いっぱいの沖縄へ »

March 01, 2016

3月は「四季」から

3月になりました。気温もかなり上がりそうで春が来たと感じますね。
春にふさわしい音楽をと考えて今回は「四季」を選びました。
本当はこの曲あまり好きじゃなくて録音が素晴らしく演奏もあでやかだったミラノ・アンジェリクム合奏団のLPだけを愛聴していたのですが盤面がかなり傷んでからやっと手に入れたCDが実はレコードからの復刻だと分かってがっかりして以後聴いていません。今回NMLにカラヤンとベルリンフィルの昔の録音があるので聴いてみたら予想に反して実によかったのです。彼らしくいくぶん腰の重い演奏ですがベルリンフィルの柔らかいタッチと当時のコンサートマスターであるシュバルベの見事な独奏ヴァイオリンに完全に魅せられました。CDで持っているウィーンフィルとムターの組み合わせもいいなと思っていたのですが圧倒的にベルリンフィルとの演奏に分があります。
 
 
Img_0319wm

|

« ハイドン 交響曲第86番 ニ長調 | Main | 海の碧、山の緑いっぱいの沖縄へ »

「管弦楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ハイドン 交響曲第86番 ニ長調 | Main | 海の碧、山の緑いっぱいの沖縄へ »