« 勉強しよう | Main | ハイドン 交響曲第86番 ニ長調 »

February 24, 2016

ショスタコーヴィチ 「祝典序曲」 Op.96

NMLから。グスターヴォ・ドゥダメルの指揮、ベネゼラ・シモン・ボリバル・ユース管弦楽団の演奏。ベルリンフィルの監督候補にもなった俊英の最新録音です。アルバムのメインはベートーヴェンの5番、7番というものでそれが超メジャーレーベルのグラモフォンから出るのですから驚きです。ベートーヴェンも聴きましたが特に7番は躍動感があふれていて名演と言っていいでしょう。ただ歴史の浅い若手のオーケストラですから特に弦楽器の響きの美しさという点でメジャー特に独欧系のオケにかなわないのは仕方のないことでしょうね。そういう意味ではこの祝典序曲はこのコンビの素晴らしさが存分に出ていてアンサンブルも見事です。久しぶりに若さあふれる演奏を堪能しましたnote
 
 
やっと万博公園の梅を写しに行きましたがまだ3部咲かな。
EOS-M3 40mm で。ミラーレスは細かいピントが合わせにくいのが難。
オートで合わせてから再度手動で合わせてやっとOKでした。
 
Img_0316wm


|

« 勉強しよう | Main | ハイドン 交響曲第86番 ニ長調 »

「管弦楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 勉強しよう | Main | ハイドン 交響曲第86番 ニ長調 »