« 年賀状とブラームス | Main | 河邉一彦作曲 交響組曲「高千穂」から第2楽章「仏法僧の森」 »

January 08, 2016

モーツアルトそしてお雑煮

Mozart_harp_flute新年にふさわしい音楽をセレクトして聴いていますがそうなるとどうしても古典派になります。今回はカール・ベームの指揮、ウィーン・フィルハーモニーの演奏、首席プリンツの独奏でモーツァルトのクラリネット協奏曲を選びました。モーツァルト晩年の曲ですが好きだったクラリネットのために最高級の曲として作り上げています。生真面目なベームの指揮で硬くなるのではと思うのですがさすがにウィーンフィル相手なので結構好きにさせているようで優雅と洗練さを兼ね備えた名演奏ですね。プリンツはこの録音の20年ほど前のミュンヒンガーとウィンフィルとの録音でも申し分なく柔らかい音色で堪能させてくれました。私の無人島行きの携行CDの1枚ですnote
 
お正月も7日を過ぎて大量に作った昆布巻きは何とか食べたのですが買ったお餅がまだ残っていて毎日二人で1個ずつ食べていますがあと3日くらいで完食しそうです。
奥さんは昔の名残で年末になると多くの食材を買いますがもう大量に消費してくれた息子たちは住んでいないのでかなりの量が余ります。来年からは小鍋で作るくらいでいいねと話し合いました。
 
Img_0795ws

|

« 年賀状とブラームス | Main | 河邉一彦作曲 交響組曲「高千穂」から第2楽章「仏法僧の森」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 年賀状とブラームス | Main | 河邉一彦作曲 交響組曲「高千穂」から第2楽章「仏法僧の森」 »