« 京都ことばは難しい | Main | ドヴォルザーク 「チェコ組曲」 op.39 »

January 16, 2016

ヨハン・シュトラウス喜歌劇「こうもり」よりバレエ音楽

Kajan_legendカラヤンの指揮、ウィーン・フィルハーモニーの演奏。お正月をすぎてもあまり重い大曲は聴く気にならず軽くて楽しいのを選んでいますがこのコンビによるウィーンの音楽は間違いなく楽しめます。
「こうもり」自体愉快なオペレッタですがこのバレエ音楽もハンガリーのムードがたっぷり盛り込まれてとても楽しい。
ウィーンフィルのヴァイオリンの「キュン」というような弓使いも堂にいったものですが終わったあと盛大な歓声が入るのはライブだったのでしょうか。
 
 
まだま少し早いけれど春はもうすぐそこです。
 
Img_0291r3m

 
 

|

« 京都ことばは難しい | Main | ドヴォルザーク 「チェコ組曲」 op.39 »

「管弦楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 京都ことばは難しい | Main | ドヴォルザーク 「チェコ組曲」 op.39 »