« Expocity ニフレル | Main | 人生の達人 »

December 15, 2015

チャイコフスキー 「くるみ割り人形」 op.71

Nutcracker2アンドレ・プレヴィンの指揮、ロイヤル・フィルハーモニ管弦楽団の演奏、1986年の録音。この時期になるとクリスマスにちなんだ曲をということで幸せになれそうなこの曲を選びました。
2枚組の全曲盤ですが何せチャイコフスキーの中でもほのぼの感と夢いっぱい感では群を抜く出来栄えなので1時間半を楽しく過ごすことが出来ましたnote。プレヴィンの指揮もコンサートスタイルと実演の間くらいのテンポとリズムを守るので聴いていて楽しいし、たぶん実際に踊っても問題はないだろうと思います。アンセルメのは踊りやすいけれどちょっとクールすぎるかなという印象。カラヤンの演奏は見かけ優しそうで実は強引なのとワルツのリズムが良くないので実際には踊れないでしょうねcoldsweats01

 
それにしても最近ちょっと忙しくてブログの更新もままなりません。
 
Img_0403rs
 

 

|

« Expocity ニフレル | Main | 人生の達人 »

「管弦楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Expocity ニフレル | Main | 人生の達人 »