« ピンチイ・プウって誰? | Main | 今日の日はさようなら »

November 29, 2015

秋の京都 嵯峨野編   祇王寺 落柿舎

大覚寺を出てから祇王寺までタクシーで行きました。狭い上り道をぎりぎり門のそばまで付けてくれたので楽ちんだったけれど歩く人にはちょっと申し訳ない。

祇王寺は悲恋の尼寺という歴史があるけれど確かに木立の中にひっそりとたたずんでいる様子はいいものです。紅葉だけを追い求めてきた私など反省しきりですsweat02

M3 22mm 40mm で。クリック→大

紅葉はほとんど見えなかったのですがその代わり林の中から苔の庭にさす光がとても印象的でした。
 
Img_0102wl


こういう手書きの案内札もいいものですね。
 
Img_0119wl


Img_0120wl


門を出て道路まで降りていくと京風のカフェがありましたがもちろん入らず。

Img_0121wl


祇王寺を出て二尊院へ向かう途中左に曲がると落柿舎があります。
ちゃんと柿の木があるのがさすがです。
 
Img_0143wl
 

中にはたくさん句碑があります。
これは工藤芝蘭子の「十三畳半の 落柿舎 冬仕度」
 
Img_0150wl


Img_0147wl


この後二尊院、常寂光寺へ向かいます。

|

« ピンチイ・プウって誰? | Main | 今日の日はさようなら »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ピンチイ・プウって誰? | Main | 今日の日はさようなら »