« ハロウィンって・・・ | Main | ベートーヴェン ピアノ協奏曲第4番 »

November 01, 2015

モーツァルト ピアノ協奏曲第12番 K414

Mozartqab弦楽四重奏用にアレンジされたもの。アンドレ・プレヴィンの独奏、アルバン・ベルク四重奏団の演奏、1999年3月ウィーンコンツェルトハウスでの録音。アルバン・ベルクの弦楽四重奏全集の最後に収められているもの。聴きながら馴染みがある曲なので解説書を見て協奏曲だったことに納得、というか日曜の朝静かに聴くのには室内楽版の演奏のほうがいいかなと思ったほど。
穏やかな紳士プレヴィンの影響かアルバン・ベルクが結構柔らかい演奏をしているのが面白い。全曲24分という長さも手ごろで2楽章の穏やかな歌心も素晴らしくモーツァルト初期のピアノ協奏曲では傑作の1つでしょう。
 
 


手持ち写真が少ないので友禅ポールをもう1度。
 
Img_1400m


|

« ハロウィンって・・・ | Main | ベートーヴェン ピアノ協奏曲第4番 »

「協奏曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ハロウィンって・・・ | Main | ベートーヴェン ピアノ協奏曲第4番 »