« 京都 柳小路 | Main | スマホデビュー »

September 22, 2015

メシアン 「彼方の閃光」

ラトルの指揮、ベルリン・フィルハーモニーの演奏。2004年の録音。
iTunesで買ったメシアン全集のなかでも一番の目玉です。
メータがニューヨークフィルの創立150周年の式典のためメシアンに委嘱し、1991年に完成したものの初演は作曲者の死後1992年だったというちょっと残念な曲ですが現代作品の好きなラトルがベルリンフィルの能力を目いっぱい使ってなんとも立派な演奏に仕上げています。
というか、メシアンってつい最近まで現役だったんですね。

70分に及ぶ曲は11部から構成されています。
1..栄光に包まれたキリストの出現
2.射手座
3..コトドリと婚約の都
4.印を押された選民
5.愛のうちに
6.7つのトランペットを持つ7人の天使
7.神は人々の目から涙を拭ってくださる
8.星たちと栄光
9.いのちの木の数羽の鳥
10..見えざる世界への道
11..キリスト、天国の光

120名以上の大オーケストラで管楽器も打楽器もこれでもかというほどの人数ですが結構細やかな音色で満たされているのがメシアンらしいけれど打楽器・管楽器が大活躍する6番目の曲はベルリンフィルの能力に圧倒させられます。
最近メシアンをよく聴くのですがキリストと多くの鳥たちをテーマにしたメシアンの管弦楽の中でも傑作だと思います。
あと、クロノクロミーも楽しくていいですよnote
 
 

Img_0515rs

 
 

|

« 京都 柳小路 | Main | スマホデビュー »

「管弦楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 京都 柳小路 | Main | スマホデビュー »