« ホワイトハンバーグ | Main | モーツァルト ピアノ協奏曲第22番 変ホ長調 K.482 »

August 30, 2015

京都 梅小路蒸気機関車館

土曜日の朝、テレビを見ていたら梅小路蒸気機関車館のニュースがありました。30日で閉館になるので大勢の人が来ています。私も7月には行こうと思ってたのですが雨と猛暑でサボっていたのです。
どうしようかと少し考えましたが時間はまだ8時半。家からJRで行けば1時間以内で京都に着けます。これは行くっきゃない!
車を近くの駅に停めてJRで30分、バスで15分で到着です。
近くまで行って驚いたのは奈良交通の観光バスが何台も停まっていて10時前なのにすでに長蛇の列が出来ています。その数ざっと500人。しばらくすると整理担当の人が来て、入館までに1時間から1時間半ほどかかりそうだとのこと。一瞬帰ろうかなと思ったのですが10時を少し過ぎると列が少しずつ進んでいきそのうち2、3分で10mほど進むといった調子で結局10時30分に入館できました。happy01

この日はEOS-X7 16-55mmズームで。
クリックで画像が大きくなります。

 
入り口の横に置いてある蒸気機関車の動輪。
直径が大人の男性の背の高さほどあります。
 
Img_0512rm


蒸気機関車館として使われていた旧二条駅というのは明治にあった京都鉄道という私鉄の駅だそうです。
 
Img_0513rm


明治13年にアメリカから輸入された義経号。先端にあるのは牛用のバンパー。これは昭和27年に神戸で復元されたものです。

Img_0518rm
 

義経号の大きさは前に立っている女性と比較すれば分かりますが昭和以降に作られた機関車の半分くらいです。
 
Img_0520rm


いつもは建屋に入っているのですが8月末は最後ということで前に出しているそうです。一番手前は特急列車の機関車C62で「つばめ号」の愛称がありました。
 
Img_0523rm


ここの見ものはなんといってバックできない蒸気機関車の方向を変える転車台です。
 
Img_0516rm


Img_0515rm


Img_0528rm_2


Img_0530rm
 

実際に動く蒸気機関車に乗れるので特に子供たちに大人気です。

 
Img_0531m


Img_0535m_2


小さいときは家の近くを走っていてあの煤煙に結構悩まされた覚えがあるので蒸気機関車に乗りたいとは思わないのです。sweat01


Img_0538m
 
 
朝、長い列が進むのを待っていたとき、後ろの小学校高学年らしいお嬢ちゃんがお父さんに「ほら、また進んだ」「だいぶ前に来たよ」というのを聞いていて相当癒されましたnote
「いつまで待つの?」とか「まだ?」とかいう言葉を聞くと気がめいりますがこういうポジティブ・シンキングの言葉は他人にもいい影響を与えます。「いい子だね」と言ったら素直に喜んでいるので最後にお礼のつもりで私と順番を変わりました。


|

« ホワイトハンバーグ | Main | モーツァルト ピアノ協奏曲第22番 変ホ長調 K.482 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

HABABIさん
義経号は最初に北海道を走ったのですね。
しづか号は今も小樽の交通博物館にあるようです。

知らないおじさんにもきちんと話をしてくれるお嬢さんと優しそうなお父さんを見てやはり日ごろからの親子の接し方が大事なのだと猛省した次第です(汗)。

Posted by: よし | August 30, 2015 at 03:07 PM

こんにちは

いい土曜日をお過ごしになられた様ですね。私の方も、久しぶりに次男の歌声が聴けた土曜日でした。

「義經号」、懐かしい響きです。私が子供の頃、札幌で見た記憶にあるのは「しづか号」だったのかもしれません。懐かしく写真を拝見致しました。
前向きな子供の声にも、教えられるものがありますね。お話を聞くだけで、本当に気持ちが明るくなります。

Posted by: HABABI | August 30, 2015 at 02:46 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ホワイトハンバーグ | Main | モーツァルト ピアノ協奏曲第22番 変ホ長調 K.482 »