« July 2015 | Main | September 2015 »

August 2015

August 30, 2015

京都 梅小路蒸気機関車館

土曜日の朝、テレビを見ていたら梅小路蒸気機関車館のニュースがありました。30日で閉館になるので大勢の人が来ています。私も7月には行こうと思ってたのですが雨と猛暑でサボっていたのです。
どうしようかと少し考えましたが時間はまだ8時半。家からJRで行けば1時間以内で京都に着けます。これは行くっきゃない!
車を近くの駅に停めてJRで30分、バスで15分で到着です。
近くまで行って驚いたのは奈良交通の観光バスが何台も停まっていて10時前なのにすでに長蛇の列が出来ています。その数ざっと500人。しばらくすると整理担当の人が来て、入館までに1時間から1時間半ほどかかりそうだとのこと。一瞬帰ろうかなと思ったのですが10時を少し過ぎると列が少しずつ進んでいきそのうち2、3分で10mほど進むといった調子で結局10時30分に入館できました。happy01

この日はEOS-X7 16-55mmズームで。
クリックで画像が大きくなります。

 
入り口の横に置いてある蒸気機関車の動輪。
直径が大人の男性の背の高さほどあります。
 
Img_0512rm


蒸気機関車館として使われていた旧二条駅というのは明治にあった京都鉄道という私鉄の駅だそうです。
 
Img_0513rm


明治13年にアメリカから輸入された義経号。先端にあるのは牛用のバンパー。これは昭和27年に神戸で復元されたものです。

Img_0518rm
 

義経号の大きさは前に立っている女性と比較すれば分かりますが昭和以降に作られた機関車の半分くらいです。
 
Img_0520rm


いつもは建屋に入っているのですが8月末は最後ということで前に出しているそうです。一番手前は特急列車の機関車C62で「つばめ号」の愛称がありました。
 
Img_0523rm


ここの見ものはなんといってバックできない蒸気機関車の方向を変える転車台です。
 
Img_0516rm


Img_0515rm


Img_0528rm_2


Img_0530rm
 

実際に動く蒸気機関車に乗れるので特に子供たちに大人気です。

 
Img_0531m


Img_0535m_2


小さいときは家の近くを走っていてあの煤煙に結構悩まされた覚えがあるので蒸気機関車に乗りたいとは思わないのです。sweat01


Img_0538m
 
 
朝、長い列が進むのを待っていたとき、後ろの小学校高学年らしいお嬢ちゃんがお父さんに「ほら、また進んだ」「だいぶ前に来たよ」というのを聞いていて相当癒されましたnote
「いつまで待つの?」とか「まだ?」とかいう言葉を聞くと気がめいりますがこういうポジティブ・シンキングの言葉は他人にもいい影響を与えます。「いい子だね」と言ったら素直に喜んでいるので最後にお礼のつもりで私と順番を変わりました。


| | Comments (2)

August 27, 2015

ホワイトハンバーグ

昨夜の献立はハンバーグでした。
と言っても脂身の少ない鶏肉のミンチが60%と豆腐が40%のコンビネーションですが、これがソフトな舌触りで美味しいのです。

昨日は在庫の関係で絹こし豆腐を使ったので本当にソフトタッチでしたが木綿豆腐を使うとしっかりとした感触になります。
ただ、焼いた後も結構白くて見た目はハンバーグというより豆腐のあっさり焼きといった感じです。sweat01
わたくし好き嫌いは一切しませんので十分おいしくいただきましたし、ワインにもよく合って大満足でした。アンコールするつもりです。note
 
 
さて、柔道の松本選手、金メダルおめでとうございます。impact
ロンドンオリンピックの時もうれしかったのですが今回も素晴らしい!
殺人鬼とまで言われた風貌が少し柔らかくなったなぁと感じますが試合途中の闘争心むき出しの表情がいいですね。わたし、こういうガッツのあるアスリートが大好きなんですよ。
リオオリンピックも頑張ってください。
 
 
Img_0594r3s

| | Comments (0)

August 25, 2015

バッハ イギリス組曲第2番 イ短調 BWV807

Argerich_bachマルタ・アルゲリッチのピアノで。1979年の録音。アルゲリッチが38歳の時の録音ですがデビュー当時のピチピチ撥ねるようなフレッシュさは全くそのまま。
こんなに身近で魅力的なバッハの演奏を聴いたのは初めてと言ってもいいでしょう。往年のバッハ弾きの演奏に比べると個性的だとかバッハの様式とは違うとか言われるのかもしれませんがバッハの様式をよく知らない私が聴くとこんなにステキな音楽は他に無いだろうと思うのです。
ある方の演奏評に、彼女の直観と本能で成し遂げた、という文章がありましたが私もまさしくそう感じました。バッハというより素晴らしい音楽をそしてピアノの魅力を存分に味あわせてくれる名演奏です。

 
 
 
ほとんど10年前にリコーのCaplioで写したバラ。

Rimg0194s

 

 

| | Comments (2)

August 23, 2015

水掛不動と法善寺横丁

暑さも少し和らいだので久しぶりに大阪市内へ出かけてみました。
今回は歌や小説でも有名な法善寺横丁です。
千里中央から御堂筋線1本で行けるのですが今回はJRで大阪まで出てそこから乗り換えました。そしていつも思うのが大阪の案内標識の不親切なこと。
JR大阪駅から地下を通っていくと御堂筋線の標識があったのですがそれがいつの間にか消えているのでまごまごしていたら地下鉄梅田という案内があったのでその方向に行くと駅が見つかりました。
いつもながらの大阪の知る人ぞ知る案内方式です。
東京は色分けされた案内に沿って行けば必ず目的の電車に乗れました。「都構想」なんて100年早いよ、ホント。
地下の天井には修理しかけの穴の開いた照明がいくつもあるし。

と文句を言いながら「なんば」で降りてまずは水掛不動さんへ。
 
すぐそばの商店街にあった昆布の老舗「小倉屋」さん。
昆布ふりかけが安かったので帰りに買おうと思ったけれど案の定忘れていました。(笑)
 
Img_1246s


水掛不動(西向不動明王)の入り口。奥に夫婦善哉の店が見えます。
 
Img_1281s

 
苔むしたお不動さん。
 
Img_1252s


夫婦善哉のお店。私は甘いものはダメなので見るだけ。
 
Img_1249s
 

お不動さんのある筋の1本北側が法善寺横丁です。正式には天竜山法善寺といいますが横にラーメン屋の看板が立っているのがいかにも大阪です。think 
 
Img_1269s

 
お昼はここで食べたかった「喝鈍」のお店。
 
Img_1274s


いろんなお店がありそうな横町の路地。夜はにぎやかでしょうね。
 
Img_1276s


織田作之助の句碑があります。
 
Img_1278s


狭い横町に海外からの観光客が大勢来ています。
 
Img_1279s


提灯もあるのでこちら側が入り口なのでしょうか。
看板の字は故藤山寛美さんが書いたものです。
 
Img_1280s


この日はお不動さんにお参りしてから千日前の道具屋筋まで行ってその帰りに法善寺横丁を通って帰りました。大阪はこういう静かなスポットを少しでも離れるとパチンコ、くしカツ、ラーメン、お好み焼き、一杯飲み屋、等々それはそれはけたたましいのと左右どちらでもあり通行とで相当疲れた日でありました。
 


| | Comments (0)

August 20, 2015

長岡 弘樹 『迷走』

2011年9月 株式会社双葉社発行
『傍聞き』という短編集に収められていたもの。
腹部を刺さされた男を収容した救急車は応急手当てをした後、受け入れ先が決まらないまま病院の指示を待っていたが、被害者が指定した懇意らしい医者と連絡を取っている間突然相手の声が途絶えてしまう。隊長の判断で決めた病院に走り始めるとやがて受け入れOKの連絡が来る。しかし、病院に着いても隊長はなぜかサイレンを鳴らしたまま病院の駐車場や周辺を走らせる。
刺された被害者は検察官であったが、隊長の娘が1年前に交通事故で重傷を負った事件でなぜか加害者を起訴しなかった。娘への恨みのために救急車を迷走させているのだろうか。

50ページほどの物語だがグイグイと引き込まれる筆力と最後に明かされる隊長の不可解な指示の意味にアッと驚かされる。読み応えのある短編だ。
 
 
Img_0437rs


 

| | Comments (4)

August 18, 2015

ベートーヴェン 交響曲第1番 ハ長調 op.21

ハンス・シュミット=イッセルシュテットの指揮、ウィーンフィルハーモニーの演奏、1968年ころの録音。LPでイッセルシュテットのベートーヴェン交響曲全集を持っていたけれど誰かに貸したきりになったままです。その後、廉価版のCDで1、3、5、6、8番を買って結構満足しています。特に8番は何度か記事にしたほどの名演ですがあまり聴かなかったこの1番も実に素晴らしい演奏です。この指揮者はバックハウスとの協奏曲の伴奏が有名ですがドイツ人らしく筋金入りのオーソドックスなベートーヴェンをウィーンフィルの柔らかい音色で聴くと時々聴かれるガツガツしたベートーヴェンは嘘だろうと思ってしまうほど。ウィーンフィルを自由にさせながらやりたいことは通すというベテランの見本のような演奏でウットリと聴きほれてしまいました。暑いからベートーヴェンは聴かないと言っていましたがこの演奏なら大丈夫です。

このCDはデジタルマスターなしのAADというカッティングでA/Dが無いため柔らかい音なのはいいのですが偏心があるらしくDVDプレーヤーでは軽くブーンといううなりが聞こえるので古いCDプレーヤーで再生しました。
 

珍しく暑中見舞いのハガキを出したら知人や東京に住んでいる大学時代の友人から残暑見舞いのメールをいただきました。
久しぶりに会って思い切り音楽の話をしたいものです。

 
 
 
Img_03391s


| | Comments (2)

August 16, 2015

盆の終わりに

関西では今日16日がお盆明けですね。
ウチではお墓参りも終わったので提灯を片付けたら終わりです。

墓は堺にあるので長男に運転してもらって家族で行きましたがみんなで狭い車内にいるとそれなりに話が弾んで楽しいものです。
墓参りの帰りだったと思うのですが、後ろの座席で暇だった次男が窓の外を見て、与謝野晶子の生家跡の標識を見つけました。日露戦争のさなかに従軍した弟に対し「君死にたもうことなかれ」と発表することは相当の覚悟が要っただろうと思うのですが当時は昭和の初期に比べると言論に対してはかなり自由な雰囲気だったようです。
与謝野晶子の生家は墓のある寺からは少し離れているので見つけたのは生家のある場所を示す標識だったような気がします。ちなみにウチのお墓は畏れ多くも仁徳天皇御陵のほうが近いです。sweat01
昔、天王寺から阪堺線で行っていたときは「御陵前」で降りて、テクテク歩いて行ったのを覚えています。train


昨日は戦後70年ということで戦争にまつわる放送がいろいろありました。わが家では直接的に死ななかったにせよ母は赤ん坊を背負ってグラマンの機銃掃射を受けながら窓ガラスの割れた阪急電車で買い出しに行っておりましたが結局肺炎と栄養不足でその赤ん坊は亡くなり、結核だった父もろくな医療品がないため若くして亡くなりました。志願した叔父は霞ケ浦の予科練で訓練中に墜落しましたが額に大きな傷ができただけで無事でした。

母がそうでしたがいつまでも昔の苦しかったことを話すのは嫌いです。肉親を亡くした家族は前向きにその人の分も生きるのが使命だと思います。昔のことから未来を憂うよりはまずは自分自身が希望をもって日々生きることこそが亡き人への弔いなのだと信じています。
母は私が何とか一人前になってからはパスポートを取り、海外へも遊びに行き、膝が痛くて旅行できなくなってからは人に会う度「私は幸せよ」と言っておりました。
そういう母を見て我が家の戦後は終わったと思ったものです。
 
 
Img_0395s

 

| | Comments (0)

August 15, 2015

モーツァルト 「レクィエム」 ニ短調 K.626

Mozreqbohemカール・ベームの指揮、ウィーンフィルハーモニー、ウィーン国立歌劇場合唱団の演奏、ソプラノ独唱はエディット・マティス。1971年の録音。2度目か3度目の登場だと思うけれど(何せこのブログも11年目に入っているので記憶があやふやです)個人的にはこの演奏が一番好き。カラヤンの旧録はソプラノがもう一つだし新録音はベストといっていい独唱陣ですがなんとなく潤いが少ない感じがあります。さて、ベームの録音を聴くことが本当に少なくなりましたがここではウィーンフィルの美音を最大限に生かしてこのモーツァルト最後の音楽に奉仕していて、まさしく鎮魂曲というにふさわしい演奏です。そしてなんといっても録音時33歳だった全盛期のエディット・マティスの麗しい限りの歌声が堪能できることも幸せの限りですね。
 

 
 
Img_2294ls

| | Comments (2)

August 14, 2015

伊坂幸太郎 『レトリーバー』

2007年5月15日:株式会社講談社刊

「チルドレンというタイトルの短編集に収められた5つの物語の1つで、若干時間軸が行き来するけれど登場人物はほぼ同じなのでそれぞれの話に統一性があって読みやすい。

駅前で集まっていた3人の友人たちの周りにいる何組かの人が2時間近くもほとんど動かないことに気付く。本を読んでいた女性は10ページも進んでいないしヘッドフォンで音楽を聴いている若者もCDがそんなに続くわけもない。ふられた直後で屁理屈だけは人一倍達者な友人が世界は止まったのだと騒ぐ中、詳しい状況を聞いた盲目の友人がその謎を解き明かした。
レトリーバーというのは盲目の青年の連れている盲導犬の犬種、ラブラドール・レトリーバーのことだがここでは「取ってくる」という意味を含めている。
他の物語にも登場するが個性的な男女3名の話が楽しく、特に陣内という明るいキャラクターの男と冷静沈着な永瀬という盲目の青年が魅力的に描かれている。

話が書かれたのが10年ほど前だからCDウォークマンとかビデオテープとか出てくるアイテムが古いのはやむを得ないところ。

文中に面白い比喩がたくさん出てくるけれど村上春樹ほど洗練されていないのは仕方ないかな。
 
 
 
Img_0441s


| | Comments (0)

August 13, 2015

女性に人気のカメラ

お盆になって暑さも一段落という感じです。
お寺さんへ持っていく品を買って提灯を出してセットしたら準備完了ってちょっと簡単すぎますがsweat01
私もこの期間は特別のご配慮をいただいて仏壇のお下がりのヱビスビールなどを飲めるようですbeer
 
最近はあまり写真を写していないのでタレントさんがどんなカメラを持っているのかネットで調べてみたら結構多いのがオリンパスのミラーレスPENシリーズで、AKBとかHKBとかSKBとかの若い女性タレントさんに人気があるようです。
確かに小さくておしゃれだしこのメーカーだから写りも文句なしでしょう。
今一般的なAPS-Cタイプの60%の大きさの撮像素子なのでレンズも小さくできて特に奥行きの短い標準ズームは魅力的ですね。
欲しくなってきました(笑)

ちなみにA4サイズまで引き延ばそうと思うとこの大きさのフォーサーズがギリギリだと思いますが、2Lサイズやブログにするのにはもったいないほどの画質です。

 

我が家の最近の決め言葉は「あるよ」です。
この間も「たまにはギョーザが食べたいなぁ。ある?」と訊いたらちょっと低い声で「あるよ」。そう、ドラマ「HERO]でこわもてのスナックのマスターが時々使っていたセリフですが「」にアクセントを置いて低い声で言うのがコツです。
 

春の写真ですが・・・ 

Img_0309rs

| | Comments (0)

August 12, 2015

シューベルト 交響曲第5番 変ロ長調 D485

Schubert6アバドの指揮、ヨーロッパ室内管弦楽団の演奏、1986年の録音。変なこだわりというべきかシューベルトに限らないのですが誰かの交響曲を聴こうと思うと1番から集めないと気が済まない質で2曲入って3500円のCDを買いそろえたら後に交響曲全集としてそれくらいの金額で買えたりするのでガックリすることが多いのです。アバドの演奏は彼らしくすっきりとしたものでシューベルトを聴くにはほぼ模範といえるものですが、後に2000円くらいで買ったカラヤンの全集も結構お気に入りなので非常に複雑な気持ちで聴いております(笑)
彼の交響曲でよく聴かれるのは4番の悲劇的、昔8番今7番の未完成と7番から9番に変わり今は8番のグレイト以外ではこの5番も素直な曲調で楽しめるものです。特に3楽章のメヌエットがとても魅力的note
 

 
CanonのRAW現像ソフトが新しくなったので以前の写真を見直しています。というか最近ほとんど写していないからというのが事実ですsweat01
 
Img_0775ws

| | Comments (2)

August 10, 2015

Windows10 にして

先月の終わりに予約していたWindows10をインストールしました。
1時間以上かかって更新してみたらそれは何となく新しいパソコンになったかなという気分になります。ただ、MicrosoftEdgeの使い方がよく分からないのでStartから使い慣れたIEを起動しています。Win10はどちらかというとエンターテインメントを楽しむ若い人向きなのでしょうか。

ソフト類やドライバーも正常に動くので安心していたのですが、先月アップデートしたCanonのRAW現像のソフトがおかしくて画像ファイルを開いても肝心のRAW画像がぼやけています。
そうこうしているうちに先週Canonからまたアップデートのお知らせが来たので更新してみたらちゃんとRAW現像ができるようになりました。Win7、8対応とあるのですがたぶんWin10にも対応できるようにしたのだろうと思っています。
まずは一安心ですnote


 
Img_0754ws

| | Comments (0)

August 09, 2015

メンデルスゾーン 『フィンガルの洞窟』

Karajan_emiカラヤン、ベルリン・フィルハーモニーの演奏、1960年の録音。今月に入ってからずっと猛暑日が続いています。sunsun
こういう時はもうマーラーとかショスタコーヴィチとかベートーヴェンを聴くのは体力的に無理なので、短くて爽やかで涼しさを感じられるものを探してこの曲を選びました。何回も書いているのですが最初に買い始めたころのLPに入っていたものでこの他に「魔弾の射手」とか「さまよえるオランダ人」とかの序曲が入っていて当時の日本のオケでは到底聴けないベルリンフィルの圧倒的な力量に腰を抜かしたのを覚えています。だから今でも腰痛が治りません。(笑)
50代に入ったばかりのカラヤンの見事な統率力の下、一糸乱れぬ弦のアンサンブルやどんなに強奏しても美しさを損なわない管楽器などによる演奏を聴いて私がクラシック音楽に開眼したといって差し支えないでしょうheart02
 
 
海の写真はとても少ないので以前神戸港に行ったときのもので。
 
P1010098rm

| | Comments (2)

August 06, 2015

サン・サーンス ヴァイオリン協奏曲第3番ロ短調 op61

アルテュール・グリュミオーの独奏、マニュエル・ロザンタールの指揮、ラムルー管弦楽団の演奏、1963年の録音。廉価版なのでジャケット写真は省略。
サンサーンスのヴァイオリン協奏曲はあまり好きじゃなかったので今まではこのCDのメイン曲であるラロのスペイン協奏曲だけ聴いていたのですが、今回続けて聴いていたらあまりの見事さに今まで無視したことを後悔してしまいました。
ラロはLP時代から私の一押しの名演で特にロザンタールが指揮するラムルー管の軽快でカラリとした音色が曲にピッタリなんですが、このサン・サーンスでもまったく同様でフランスの粋な音楽を心ゆくまで堪能できる演奏です。いうまでもなくグリュミオーの美音がふんだんにまき散らされているような演奏ですがリズム感も鮮やかなロザンタールの指揮もホント表彰ものnote
「パリの喜び」などの編曲で名を知られるロザンタールですが彼の指揮する録音が少ないのが残念です。アンサンブルが危惧されることもあるラムルー管ですがここでは堂に入った演奏なのはさすが。

 
最近の写真が枯渇しているので4月に行ったイギリス村の写真を引っ張り出しました。

Img_0232wm


| | Comments (3)

August 04, 2015

芥川龍之介 『鼠小僧次郎吉』

気のきいた短編を読みたいときは青空文庫が本当に便利だが、この作品は芥川にしてはちょっと珍しい内容のお話。
汐留の船宿の二階で3年ぶりに再会した2人の遊び人風の男が酒を酌み交わしながら最近の江戸の話していたが鼠小僧の話題が出た時、江戸を離れていた男が旅先で偽の鼠小僧に出会った話をする。
話自体はそれほど込み入ったものではなく、江戸を離れていた男が最後に自分がその鼠小僧なんだと種明かしをするところで終わるのもひねりがなくてこの作者らしくないと思うが、情景描写が実にきめ細かくてまるで映画の一シーンを見ているよう。
まず二人の着物は親分と呼ばれる貫禄のある男は結城の紬に八反の平ぐけの帯、古渡り唐桟の袢纏、もう一人のやさ男は小弁慶の単衣に算盤玉の三尺。何のことや分からずウェブで調べたら親分のほうはかなり上等の着物を身に着けているが、やさ男が着ている小弁慶の単衣や算盤玉の帯というのは遊び人のいなせというかカジュアルな格好ということらしい。
着物以外にも宿の床の間の滝の掛け軸、伊予すだれ、2階の窓から見える海鼠壁に夕日が当たる様子など初秋の汐留の船宿の様子が目に見えるようだし昔の旅の様子などもきめ細かく描かれていて楽しめる。 
芥川の作品としては取り立ててどうというものではないが、この作家が並外れた感性の持ち主であることがよく分かる短編だ。
 

 
Img_0499m


 

| | Comments (0)

August 02, 2015

ラヴェル 『亡き王女のためのパヴァーヌ』

毎日35℃を超える暑さでちょっと夏バテ気味です。こういう時に聴くのはしっとりと静かな音楽に限りますが、いろいろ聴いてみて選んだのがこの曲。
最初はサンソン・フランソワのピアノ演奏の記事を書くつもりだったのですがインパクトの多いYoutubeを探して管弦楽版を見つけました。

アレッサンドロ・クルーデルというイタリア人指揮者でオーケストラは多分ミラノ・スカラ座アカデミーだと思われます。この曲の演奏としてはちょっと柔らかさが足りないと思って聴いていたのですが2分過ぎに現れたフルートの女性が美人だったので採用決定note

我ながら不純な動機だと思っていますsweat02



  
 
 
 

| | Comments (2)

« July 2015 | Main | September 2015 »