« June 2015 | Main | August 2015 »

July 2015

July 30, 2015

又吉直樹 『第2図書係補佐』

平成24年3月15日 株式会社幻冬舎 発行
芥川賞をとった又吉直樹の『火花』を借りようと図書館のサイトを見たら18冊の在庫に対して予約数が1000以上もあったのであきらめて『第2図書館補佐』という本を借りた。50冊近い本を読んだ感想が各章の最後に書かれているけれどその前にその本に関連した自分の体験が書かれている。
その中に駅のホームで電車を待っていると後ろに長い列が出来たが改めて足元を見ると電車の扉が開く位置から大きくズレている。いまさら後ろの人たちに「間違えました」と謝るのは恥ずかしいのでストレッチをするふりをしながら徐々に正しい位置に移動したという話があり、いかにもこの人らしい話でちょっと笑えた。

慢性腰痛の治療のため時々行くクリニックではカーテンで仕切ったベッドで理学治療を受けるが診療室の片隅なのでちょっと窮屈な場所がある。あるとき若いスタッフさんにその話をしたら次に行ったときは10センチほど広くなっていた。
「カーテンの向こうのソファを分からないように毎日ちょっとずつ向こうに動かしたのよ」と得意顔。バス停を毎日10センチずつ動かして家の前まで持ってきた、という漫才あったよねと二人で大笑い。

さて、この本で一番驚いた話は26歳の時に見てもらった占い師のことで、彼の手相を見て長男だとか本が好きだとかズバズバ当てたうえ、この手相は偉人とか犯罪者に多い、と言われる。
弱気になった彼に、大丈夫とてもいい手相だと言って歳を訊き、手を見ながら「26、27・・・34、35あっ!」と35まで数えて彼の手を放した。
友人と帰る途中、35歳で何があるのだろうと不安になるが死ぬのだろうかという思いだけは必死で振り払った。
そう、1980年生まれの彼は今年の6月で35歳になった。
この本の初版は4年まえなので芥川賞を取ることなど夢にも思わなかっただろうし、この話を書いていること自体がちょっと驚きだ。
ちなみにその章で紹介する本が玄侑宗久の『中陰の花』。自らの死を予言する女性の出てくる話で第125回の芥川賞を受賞している。

 
 
チビちゃんにシャボン玉を吹いてあげるお母さん。
霧のように見えるのは暑さ除けのミスト。
 
Img_1233m


| | Comments (0)

July 28, 2015

バルトーク ピアノ協奏曲第2番

Richterリヒテルの独奏、マゼールの指揮、パリ管弦楽団の演奏、1969年の録音。管・打楽器が大活躍するけれどピアノも打楽器の一部みたいな扱われ方があってそれでも無味乾燥な音楽にならないのがさすがのバルトーク。またマゼールとリヒテルの息がぴったりなのと色彩豊かなオーケストラの腕前もあってとても楽しめる演奏になっています。最低音域の広いピアノ用に書かれたとかでピアノに限らず低音域がマッシブに響くさまはなかなか魅力的note
このコンビのブラームスも聴いたけれどこのバルトークには及ばない。
名演といっていいでしょう。
 
 
台風の影響で大雨が降った後の万博公園では木々の緑の濃さが
とても印象的です。 EOS-M 18-55mmズームで。
 
Img_1232m

 
 

 


| | Comments (2)

July 26, 2015

ニフレル

この秋、万博公園の南側、エキスポランドの跡地に新しい総合レジャー施設がオープンします。
nIFREL(ニフレル)『新しい感性にふれるという名前で水族館、動物園、美術館のジャンルを超えた 「生きているミュージアム」だとか。

敷地全体はEXPOCITYという名称で、高さ120mで日本一にの大観覧車や大型商業施設もできるのでそれは大変なにぎわいになるでしょうね。あと2ヶ月ですが普段の日曜日でも周りの道路が結構混むのでほとぼりの冷めるまでは近寄らないようにします。
 
万博公園中央口の向こうに見えるのが建設中のnIFREL。
モノレールの走っている向こうに観覧車ができるはず。
太陽の塔の真正面になります。
 
Img_1243m
 
猛暑でも元気な太陽の塔
もう完全にこの街のランドマークです。

Img_1239s

 

| | Comments (0)

July 23, 2015

マーチを聴こう

梅雨が明けたと思ったらsun大雨だったりrainこの時期はおかしな
天気です。
こういう時はマーチを聴こうということでyoutubeを探してみました。


私の好きなマーチは、まず スーザの「美中の美」
尚美ミュージックカレッジ専門学校の演奏で。
やわらかい音色でみなさん楽しそうに演奏しているのがいいですねnote


次はドイツのマーチでカール・タイケの「旧友」
演奏はなんとミュンヘン・フィルハーモニーです。
演奏は素晴らしいのに映像が素人くさいけれど舞台にビールbeerも置いているしみんな酔っているのでいいのでしょうね。
女性演奏者の衣装がかわいいheart04


| | Comments (4)

July 20, 2015

バッハ 無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ1番 ロ短調

Bach_vn_g_2グリュミオーの独奏で、1961年の録音。どうやら梅雨が明けたようで夏空が広がっています。こういう日は家でおとなしくしているのが一番ですが友人がHPの高性能パソコンをプレゼントしてくれたので設定するのに大忙しです。ついでに目が疲れないという少し大きめのモニターに替えました。こういうのをうれしい悲鳴というのでしょうね。今日は何とかブログを書くことができるようになったので夏の日に聴いてこころが澄み切るグリュミオーのバッハを聴いています。この人のヴァイオリンは暖かいハートからそのまま音楽が流れ出てくるようでバッハだからとか何も考えずに音楽に浸ることができますね。パルティータとソナタの2枚組のCDは本当に私の財産です。結構古い録音ですがしっかりとグリュミオーの美音をとらえていてすばらしいです。heart02他にもクレーメルのもあるのですがこの人の音楽は頭から聞こえてくるようであまり聴きません。


グリュミオーの音はピンク色だというお話を聞いたのでバラの写真を。 
 
Img_1128wm

| | Comments (2)

July 18, 2015

ヨメさんとの会話

最近は結構面白いテレビ番組があるので録画して2人でゆっくり見ています。

1.花咲舞が黙っていない
銀行でのスキャンダルを暴いていく物語ですが主演の杏が男勝りの役で面白いです。毎回1話完結なのとテンポの速さ、そしておよそ色気のない杏がいい感じです。
こういうさっぱり系の女優さん好きですね。

2.探偵の探偵
北川景子が復讐に燃える探偵を演じて相当なアクションを見せてくれます。
この間は車ごと海に落とされてずぶ濡れで海から上がるシーンまでありました。
ブログを見ると夜中の撮影で海が寒かったとか。
ヨメさんに「自給1万でどうや?」と訊いたら「絶対イヤ」とのこと。
「福山さんに助けられるシーンやったら?」「タダでもするheart04
答えは分かっているので「オレやったら?」とは訊きませんでしたsweat01
 

 
 
Img_1123wm

| | Comments (0)

July 15, 2015

メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 Op.64

ナクソス・ミュージック・ライブラリー(NML)より。
アルトゥール・グリュミオーの独奏、ベルナルト・ハイティンクの指揮、コンセルトヘボウ管弦楽団の演奏、1960年の録音。よく訪問するブログにグリュミオーの記事があり、協奏曲が聴きたいなと思ってNMLを探したらありましたnote
NMLにはDECCAや旧グラモフォンの音源は無いのですがフィリップス系の音源はあるみたいでちょっと得をした感じです。
グリュミオーは音が美しいだけだとかよく言われますが決してそんなことは無く、美音ではあるけれどたっぷりとして品のある旋律の弾き方などでヴァイオリンから最上の音を聴かせてくれます。
3楽章を聴くとテクニックを見せびらかそうという意図は無くあくまで自然に音楽の流れを大事にしていることがよく分かります。続けてチャイコフスキーも聴きましたが泥臭さが無いすっきりとした演奏がとても気に入りました。 

 
 
Img_0054rs


| | Comments (2)

July 13, 2015

ブラームス 3つの間奏曲 op.117

Brahms_pianoジュリアス・カッチエンのピアノで。1960年代前半の録音ですが1969年に42歳で早世した彼にとっては遺産に近い録音。ピアノ曲の多いブラームスの中で唯一の間奏曲集で晩年に近い作品ということもあって全曲しっとりとした雰囲気に包まれていてブラームスの権威とも言われたカッチェンの落ち着いた演奏で聴くと心安らぐ思いをします。ちなみにこのCDでは続きが「ハンガリー舞曲」なのでそれもいい気分転換です(笑)。梅雨の晴れ間は蒸し暑く今年初めてエアコンを入れて聴きました。
 
 
P1020739wm

| | Comments (2)

July 11, 2015

現代彫刻の森

万博公園でチューリップやひまわりが咲く場所の近くには現代彫刻がポツポツと置いてあります。

花のシーズンには目もくれないのですがこういう季節にじっくり見ると訴えかけるものを感じます。


多くは彫刻というより金属加工を主体とした作品です。
 
P1020723m
 

長い年月を経て周りの草木と調和してしまっています。
 
P1020726m

 
これは人間みたいですが・・・

P1020730m
 
写真の一部を拡大して題名を見ると、なるほど。
LX3の解像度の良さがよく分かります。
 
P1020730m2
 

 
P1020734m


これは彫刻ではないけれど林の中にあるとちょっとシュールです。
 
P1020733m

 

| | Comments (0)

July 09, 2015

七夕祭りで

今日も子供の写真で手抜きですcoldsweats01

保育園での七夕祭りで姪っ子が写した次男のショット。
男の子だけど姪っ子によく似ています。
 
Tanabata_43人兄弟ですがお兄ちゃんはまじめでいかにも長男といった感じ、次男は結構自由人、三男は元気いっぱいです。
男の子は熱を出したりけっこう手を焼かしますがママは働きながらもよく頑張っています。
寝る前は泣こうが暴れようが押さえつけてでもしっかり歯を磨かせます。
萩のおなごはけっこう厳しいですshine


がんばれKちゃん!



 

| | Comments (0)

July 07, 2015

ヘンデル レコーダーソナタ変ロ長調 HMV 377

Albinoniミカラ・ペトリの独奏、キース・ジャレットのチェンバロで、1990年の録音。はっきりとしない梅雨の日にペトリのレコーダを聴くと爽やかなそよ風が吹き抜けていく思いがします。このソナタは3楽章で5分半という短さですがヘンデルの典雅なムードを十分に味わうことが出来ます。あいかわらず素晴らしいペトリのレコーダーに対してキース・ジャレットもしっかりとしたサポートでジャズピアニストとしてしか知らなかった私はちょっとビックリの思いでしたが1980年代後半からはクラシックのレコーディングも増えていたようですね。
 
 
P1020718m

| | Comments (2)

July 05, 2015

メロンな日

島根の友人からメロンを頂きましたnote
あまりの大きさにヨメさんは最初怯えたほどsweat02

P1020716ws
 
待つこと約10日、どうやら食べごろになったので大きく切り大半を冷蔵庫へ。 1/5ほどを頂きましたがこれがメチャおいしいgood
ありがとうございましたhappy01


最近のヨメさんのおもしろ言葉。
新聞のドクターヘリの番組欄を見て
「いやぁ、日本一の出勤回数だってsign01
私「??? それ、出動回数とちゃうか」」
ヨメさん「ほんまやワ」
一瞬、どこかのブラック企業の話かと思いましたヨconfident


 


| | Comments (0)

July 04, 2015

リスト 「エステ荘の噴水」

ラザール・ベルマンのピアノで、1977年5月の録音。
「巡礼の年」の第3年に収められている晩年の作だが澄み切った音色に心癒される思いがするしドビュッシーやラヴェルに大きな影響を与えたことが分かります。

「巡礼の年」の第1年《スイス》の中の『望郷』が村上春樹さんの小説に登場して一時ブームになったおかげで、忘れ去られようとしていたベルマンの名前も復活し、私も慌てて購入したというドミノ倒しのような現象がありました。(笑)

ベルマンを聴くのは初めてだけど軽やかなトリルの反面ずっしりとした重いタッチはリストによく合いますね。

今日も昼からシンコン活動がありちょっとシンドイかもgawk 
 
 
P1020738s

 

| | Comments (2)

July 01, 2015

ときめくシンコン生活

6月は名付けてときめき月間でした。
2015年、TIME誌で「最も影響力のある100人」に選ばれたコンマリこと近藤真理恵先生の提唱する「ときめく整理術」を実践したわけです。
もっとも私の部屋にあるのは重量物ばかりなので実際にやってみると、心がときめくどころか手はつり、腰はふらつき、息もあがりましたが心臓は確かに激しくときめいておりましたheart03

処分したのはスピーカー2セット、アンプ1台、レコード、CDがそれぞれ数百枚。そして工事(?)の途中で壊れた大きなラック1台は分解して処分待ちです。合計でほぼ200Kgあり、工事名を「さよなら逸ノ城作戦」と名付けましたimpact
 
数十枚のレコードと私のオーディオ歴の証人であるプレーヤーは残しているので新たに大きめのテレビボードを買いましたがこの組み立てもいい運動になりましたthink

ときめき整理術は、やみくもに捨てるのではなくときめくものだけを残すということで、CDでも今後聴く確率が30%以下だと判断したら処分の対象にしました。それでもまだ数百枚のCDはあるのでiTunesとかナクソスを利用すればまず音楽に飢えることはありません。
とにかく部屋が片付いたのでヨメさんもご機嫌ですがこれまで手を付けていなかった場所の片づけも必要なので年内いっぱいはときめくつもりですheart04

整理してみて感じたのは『いいものが欲しい、有れば便利だ』という物欲のままに動くと、ものに対する本当の心のときめきが無くなるということですね。

ちなみに『シンコン』とは新婚ではなく『シンプル&コンパクト』の意味ですnote


  
久しぶりにLX3で。
もう5年以上使っていますがLEICAレンズの精緻な描写力は大したものです。
LX3はときめくカメラなのでこれからも大事に使いますcamera
 
P1020731wm_2

| | Comments (2)

« June 2015 | Main | August 2015 »