« 万博公園の6月 | Main | ときめくシンコン生活 »

June 29, 2015

ヤナーチェク 「霧の中で」

Janacek_pianoホーカン・アウストボのピアノで。2004年の録音。不思議とさえ言っていい曲調と複雑なリズムがヤナーチェクの特徴でもあり大きな魅力だと思っていますが、この4つの小曲から成るピアノ曲集は彼が多くの面で辛い思いをしていた時期の作曲ということもあり一層内面的な趣を醸し出しています。ドビュッシーの影響を受けたということもうなずけます。アウストボはノルウェー生まれのピアニストですがグリーグ、ヤナーチェク、サティ、スクリャービンなどちょっと変わったレパートリーを多く録音していることでも得難いピアニストです。
自然で透明な響きの録音も素晴らしいnote
 
 
 
Img_0489m


|

« 万博公園の6月 | Main | ときめくシンコン生活 »

「器楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 万博公園の6月 | Main | ときめくシンコン生活 »