« やれやれ | Main | ブラームス 交響曲第4番 ホ短調 op.98 »

May 31, 2015

大阪フィル 第488回定期演奏会

もう2週間前ですが5月16日にフェスティバルホールで行われた大阪フィルの第488回定期演奏会に行ってきました。
指揮者は、準・メルクル
曲目は
ストラヴィンスキー/幻想曲「花火」作品4
ドビュッシー/バレエ音楽「カンマ」
ベルリオーズ/幻想交響曲 作品14

楽しみだった新装のホールはそれは立派な仕上がりでいい音響が期待できそうだったし、色彩的な曲目を並べたプログラムも魅力的です。N饗でおなじみの準・メルクルさんの指揮の下で新しいホールでどんな響きがするのか楽しみでした。
しかし、最初の「花火」を聴いたときオケに少しざらつき感を覚えたのですが、それはドビュッシーになっても変わらず休憩後の「幻想」になっても少しだけ引っ掛かりが残ったのです。
うーん、率直に言って第一ヴァイオリンが弱くて甘いのです。
ほぼ最大プルトはいたと思うのですがその割に音量に乏しくしかもあまり揃っていないのは、それを言ってはいけないのでしょうがほとんどが若い女性なので弱い音が集まったという印象でした。
他の弦や管打楽器は申し分ないので少し残念ですね。
「幻想」など演奏は申し分なかったのですが心のひっかりが大きな拍手にはならず、指揮者もそれを察知したのかアンコールなしで終わりました。
以前シンフォニーホールで大植さんの指揮でショスタコーヴィチの5番を聴いたときは大阪を代表するオーケストラらしかったのですが。

今度は別のオーケストラを聴いてみましょう。


 

ある化粧品会社の敷地で期間公開されたバラ 見事でした。
 
Img_1146wm

|

« やれやれ | Main | ブラームス 交響曲第4番 ホ短調 op.98 »

演奏会」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« やれやれ | Main | ブラームス 交響曲第4番 ホ短調 op.98 »