« 万博記念公園の花たち | Main | バルトーク ヴィオラ協奏曲 »

April 07, 2015

チャイコフスキー 幻想曲「フランチェスカ・ダ・リミニ」

NMLから。ジュリーニの指揮、フィルハーモニア管弦楽団の演奏。1960年頃の録音。
この演奏はLP時代の刷り込みでその後CDで他の演奏も聴いたけれどなんといってもこれが一番です。ジュリーニが40代のまだ若手と言っていい時期の録音ですがオーケズトラの扱いが実に見事でチェロのうなるような弾かせ方や中間部でのクラリネットの寂しげなモノローグなど一流とはいえどこかニュートラルなイメージのフィルハーモニアが血が通ったような演奏をするのがすばらしい。とくに最終部、夫に殺され地獄に落ちたフランチェスカとパオロが一陣の強風に吹き飛ばされるシーンは圧巻。チャイコフスキーのオーケストレーションのすさまじさをたっぷりと味わえます。この部分下手をすると下品になりやすいのですがそうならないのがジュリーニの魅力note

ジュリーニはこの時代にはEMIに多くの録音を残していますが評論家はまだ若手の部類だった彼に厳しくてモーツァルトなど歌劇はともかく交響曲などボロクソに言われていました。
とにかく評論家のいうことなどまともに聞くものではないですね。(笑)

 

夙川の桜 続き
 
Img_0195m


|

« 万博記念公園の花たち | Main | バルトーク ヴィオラ協奏曲 »

「管弦楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 万博記念公園の花たち | Main | バルトーク ヴィオラ協奏曲 »