« March 2015 | Main | May 2015 »

April 2015

April 30, 2015

三浦 しをん 『神去りなあなあ日常』

2014年3月 株式会社徳間書店発行
高校卒業後親と先生にだまされたような形で三重県の林業会社で働くことになった若者が携帯も届かないような山奥で厳しい林業の世界を経験し成長していく姿を描いている。
「Wood Job !」という映画にもなった。
聞いたこともないようなローカル線に揺られ、そのうち携帯が圏外になり山奥の駅で一人で降り、そこからは軽トラックで走るというへんぴな場所でしかも限られた人数での生活は想像を絶するが、最初はイヤイヤだった若い主人公も何とか適応してやがて林業生活にも慣れていく。
野獣のような生命力と体力を持ち、斧一本で狙う方向に木を切り倒せる先輩との漫才コンビのような掛け合いが楽しいが一歩間違うと命を失う仕事なのだ。
やがて小学校の先生をしている若い女性に恋をするがこんな山奥で暮らせるくらいだから一筋縄ではいかないしどうやら好きな男がいるらしい。
よそものとして最初は村人に受け入れてもらえなかった彼も山火事への対応や危険な巨大な杉の伐倒で一人前の男として認められる。
とくに千年杉を伐倒してその上に乗って山を下るシーンは読んでいても迫力満点。
きっと映画も大迫力だと思う。
「なあなあ」というのはこの地方の言葉で「まあ、いいじゃないか」という意味だが大阪では「なあなあでいこうや」みたいに使う。ほぼ同じ意味だと思う。

続編にあたる『神去りなあなあ夜話』では住民の詳しい話や過去に起きた悲劇も分かるようになり、彼女との仲も少し進展するが最後まで完結させないのは続編があるのかもしれない。
2巻を読み終わってこの作者らしい生命と死、そして自然との関係を考えさせられた。
一見若者の青春物語のように語られているが、裏にはこういった過疎で高齢化した集落にこそ若い働き手が欲しいという切実な思いがあるのだ。
『青年海外○○隊』といった活動も結構だが内地にも林業に限らず農業や水産業などいわゆる一次産業では人手の足りないところがほとんどだろう。特定の時期だけ必要で経験を要しない作業もあるので『青年内地活動隊』など組織してもいいと思う。
 
 
庭に咲いたシャクナゲ 植えてから初めて咲いたとか。
 
Img_1056m


 


| | Comments (2)

April 28, 2015

バッハ チェンバロ協奏曲第5番 ヘ短調 BWV1056

Bach_compクリスティーネ・ショルンスハイムの独奏、ブルクハルト・グレツナーの指揮、新バッハ・コレギウム・ムジクムの演奏。1992年、ライプツィッヒでの録音。最近はバッハ大全集から何枚か抜き取って車の中で聴いています。こういう音楽を聴いていると赤信号でも渋滞でも何の苦痛もありません。幸せな気分で運転ができますnote。さて、演奏者の名前が長くて入力がしんどかったけれど大変有名な曲で特に2楽章Largoは映画「恋するガリア」にも使われました。私もこの曲を知ったのは友人の持っていたスゥイングル・シンガーズのLPだったのでこの楽章に来ると「タパター、タパタター」と歌ってしまいます(笑)。独奏者のショルンスハイムは日本でも著名な奏者ですが使われている楽器の音色もとても繊細で多分17世紀頃に製作されたものではないかと思います。全曲10分ほどで終わるのが惜しい名曲の名演奏です。
 

 
庭の藤の最盛期の時 チューリップや八重桜との競演が楽しいけれど蜂が一杯飛び回るので邪魔しないようにソーッと庭の中を動くようにしています。
EOS-M 22mmで このレンズの透明な描写は大好き。
クリック→大

 
Img_1011wm


 


| | Comments (4)

April 26, 2015

神戸ハーバーランドへ

3年ぶりに神戸に行きました。
若い時を過ごした街というのは初恋の人のような魅力がありますheart02
20年前の大震災で街のほとんどが新しく建て替えられたのですが山と海はそのままなので印象は変わりません。
ちなみに神戸と書くと実際に神戸駅から行く場所で三宮周辺の場合は神戸とは言わないですね。そのJR神戸駅から歩いて南に行くと神戸港に面したハーバーランドに着きますがここにはMozaicとかumieとかおしゃれなショップが多くあります。

歩く途中の周りの景色が日本離れしていてサンタモニカみたい。
(行ったことはないけれど)
 
Img_0263m

 
Img_0268mc


自慢じゃないくらいの方向音痴なので隣を歩いていた若いお母さんに道を確認したらとても丁寧に答えてくれました。直前に2歳くらいの子供さんが私にぶつかった縁で少し話をしたのですがあか抜けたファッションといい、きれいな言葉遣いといいこれぞ神戸のヤングミセスと思いました。
写真に写っている人たちは関係ありません。
 
Img_0264mc

素敵な女性に会いたかったら阪急神戸線の芦屋川で乗り、岡本あたりをぶらっとして三宮で降りて地下鉄でハーバーランドへ行きましょう(笑)
 

Mozaic前の神戸港
手前は大観覧車、向こうに見えるのはポートアイランド。ここにはスパコン「京」とかいろいろ話題になった理化学研究所があります。
 
Img_0273mc
 

これぞ神戸港というショットcamera
手前の船は明石海峡大橋のそばまで行くクルーズ船「コンチェルト」。
 
Img_0279m
 

Mozaicにあるちょっとしゃれた店など
 
Img_0278m
 

Img_0282m
 

Img_0283m
 

神戸駅に帰る途中のショッピングモールumieで。

Img_0287m
 

有名なカフェ「西村珈琲」
 
Img_0289m
 
ハーバーランド周辺はビジネス街ではなくショッピング客がほとんどですが、外国人観光客も少ないので静かです。また秋に来ようと思っています。


 

| | Comments (0)

April 25, 2015

梅田のレトロな昭和横町

梅田のランドタワー的な存在であるスカイビルへ行ってきました。
このビルはイギリスの出版社が世界のトップビル20に選んでいるそうですが、竣工して20年以上になるし梅田に行く途中の電車や車の窓から見えるので京阪神に住む人間にしてはそんなに感動はありません。
でも実際に行ったのは初めてですsweat02

 
Img_1007m_c
 

完全な開放型の屋上展望ですがさすがに真下を見ることはないので高所恐怖症の私でも大丈夫でした。40階、173mの高さですが今では周りに高層ビルがたくさん建っているのでそれほど高さは感じないです。ピーカンのお天気なのでかえって眺望は悪く、秋か冬の晴れた日なら神戸や明石海峡大橋が見えると思います。

Img_0964m_c
 

本当に行きたかったのは地階にある昭和レトロ横町「滝見小路(たきみこうじ)」
懐かしや、ミゼットです。
 
Img_0983m_c
 

昔風の交番の前にはニッパー君も
 
Img_0984m_c
 

この辺りの食べ物屋はおいしそうで実際お昼前にはたくさん並んでいました。
 
Img_0988m_c
 
Img_0995m_c
 

昔のスィーツのお店 お嬢さんがきなこ餅を試食していました。

Img_0992m_c_2

 
お稲荷さんもあります。
奥にあるのは手押しの消防ポンプでしょうか。
 
Img_0996m_c
 

Img_0997m_c
 

滝見小路というのに滝が無いなあと思いながら1階に上がるとなるほどありました。
 
Img_1006m_c


お勧めは夕方から滝見小路で食事して暗くなって屋上に上がり夜景を見ることですね。もちろん二人で。

| | Comments (0)

April 23, 2015

マーラー 交響曲第7番

Mahler_unvジョゼッペ・シノーポリの指揮、フィルハーモニア管弦楽団の演奏、1992年5月の録音。久しぶりにCDでの投稿です。NMLは手持ちの無い作曲家や演奏家を聴くときは本当にありがたいですがまだまだ未聴のCDも多いので時々気分転換に引っ張り出して聴くことにしています。さて、シノーポリのマーラーは最初5番を聴いたときにその明るさに驚いたのです。暗く後ろ向きなマーラー演奏が多い中、ここでは明るい陽光の下、オープンカーで飛ばしているようなそんな演奏でした。この7番も同様でちょっと得体のしれないイメージがあるこの曲をバッサリと分解してなるほどと思わせてくれる感じですね。
そういえばシノーポリは脳外科の資格を持っているはずですが実際に手術をしたことはあるのか興味深いです(笑)
紳士のイメージがあるフィルハーモニアもここでは思い切り吹いて弾いてといった感じで胸がすくというのはこういう演奏のことを言うのでしょう。
「夜の歌」という副題がありますがマンドリンやギターの出てくる4楽章のセレナード調から5楽章のフィナーレへの移行がステキです。
最初に買ったインバルやバーンスタインなど数多く聴きましたが、今のところ7番の演奏のなかではこれが一番だと思います。録音も最高級。

 

大阪駅北側で

Img_0962m


| | Comments (0)

April 21, 2015

ラヴェル 管弦楽作品集

NMLから。マルティノンの指揮、パリ管弦楽団の演奏。1974年の録音。
「寄港地」の演奏の素晴らしさに感銘を受けたので引き続きNMLでマルティノンの演奏を探したら出てきたのがこのラヴェルでした。フランス国立管とのドヴュッシーも有名ですがこのラヴェルは実にシャープで切れ味がよく個人的には好きな演奏です。
日本の評論家の方々はラヴェルをあまり評価していなかったようですが、私は「ボレロ」も「マ・メール・ロア」も「スペイン狂詩曲」もCD3枚分まとめて特選にしちゃいます(笑)
オケは腕も音色もさすがパリ管、「道化師の朝の踊り」などもう最高ですね。
 
 

庭はまだチューリップが元気です。
3種類ほどあるので次々に咲きだすのがうれしい。
 
Img_0259wm

| | Comments (2)

April 19, 2015

京都の英国村

京都の西、亀岡市にあるドゥリムトンへドライブがてら行ってきました。
ここはイギリスのコッヅウェル地方のようなレストランやコテージ、B&Bそして結婚式もできるチャペルもあり、まさしく京都の英国村です。

亀岡方面への道路を走っていると突然英国国旗が現れびっくり。
 
Img_0238wmc

  
入り口から見える風景はとても日本とは思えないです。
 
Img_0239wc_2


Img_0224mc
 
 
Img_0221wmc
  
 
Img_0235m


Img_0233wmc
 

 
まだ中のお店が開いていなかったのでこの辺りで写真だけを写して帰りましたができればレストランでゆっくりしてもっと奥のコテージの方を散策すればイギリスの田舎巡りを楽しめると思います。
車だと家から箕面有料道路を通って40分ほどですが電車だと京都駅から山陰線で亀岡まで行きバスかタクシーなのでそうとう時間がかかりますね。
ちなみにここから30分ほど走ると国道9号線に突き当たりますがさらに進むとトロッコ列車が走る保津川に出ます。川沿いの道をさらに東に走るとトロッコ亀岡駅に行けるはずですが行けなくても責任は持ちません(笑)
また亀岡から西に走り八木から477号線で北山の方へ抜け162号線で市内へ下りれば仁和寺へ出るはずです。家からなら正直に南から京都市内を抜けるよりは速いかもしれません。
まあいろいろ試しましょうcar

 


| | Comments (0)

April 17, 2015

イベール 「寄港地」

NMLから。マルティノンの指揮、ORTFフィルハーモニー管弦楽団の演奏。
ORTFはフランス放送フィルハーモニーともいわれ、フランス国立放送管弦楽団とは別の団体なんですがマルティノンとの関係やこの曲の録音を調べると国立管弦楽団の方じゃないのかという気もします。
まあ難しいことは忘れて(笑)聴いてみるといかにもフランスのオケらしく明るく華麗な音色はこういったエキゾチックな曲にぴったりです。

1.ローマーパレルモ
2.チュニスーネフタ
3.ヴァレンシア
以上の3曲だけで15分程度の短い組曲ですが、たっぷりと異国情緒が味わえるのは軽く爽やかなオケの響きもあるでしょうがそれを引き出したマルティノンの職人技だろうと思います。
昔聴いたときは全然印象に残らなかったのですがこの演奏には感銘を受けました。
特に2番のチュニスーネフタが良かったnote

彼は名門シカゴ饗に行ってオケや評論家にコテンパンにやられたそうですがこんな優れた指揮者を粗末にするとは腹が立ちますね。


 
万博のチューリップ 最後です。
 
 
Img_0937m

| | Comments (2)

April 15, 2015

シリン・ネザマフィ  『拍動』

シリン・ネザマフィ 「拍動」
平成22年6月号の「文學界」に掲載された小説。
第143回芥川賞候補に選ばれた。
関西の大学に通う中東からの女子留学生が、恩師である大学の先生から事故にあったアラビア語の先生の通訳を頼まれる。被害者は瀕死の重傷で会話が出来ないため母国から駆け付けた家族に医者の話を伝えるのだ。
先生からはできるだけ穏便な表現をするように頼まれたため医者の厳しい現状説明を見込みのあるように家族に話をしていたため却って家族の不信感を買う。
外国人だから治療も差別されているのではないのか、と被害者の兄弟から厳しく問い詰められると自分自身もそういう体験があったことを思い出すのだ。穏やかで礼儀正しい日本人もそれゆえ本当の心が分からないことがあると思ったこともある。
被害者の兄弟は日本という他国でヒジャブ(頭を隠すスカーフ)も被らずに暮らす彼女が許せないのか男性社会だからなのか彼女への風当たりが強い。家族の怒りと悲しみと恩師の言いつけの間で板挟みになる彼女は苦悩するがやがて真実を知り、それを伝えたときに彼らの罵声を受け、心が凍りつく。
『サラム』という小説では難民の少女の通訳をした話だったが、今回のシチュエーションは瀕死の重傷を負った外国人とその家族との間に立ち、なお且つ真実を知らされていなかったという厳しい状況を描いたもの。フィクションだとしてもドキュメンタリーとしても難しいストーリだが、病院内部や事故現場の様子などかなりの部分は実際の体験だろう。
最後は被害者の母親が悲しみの中、長い間付き合った彼女を抱きしめ感謝の言葉を述べ、日本人らしい配慮で却って彼女を苦しめた恩師が流す涙を見てやっと苦しかった気持ちから解放される。
題名はICUで患者につながれている心拍計の表示のこと。
作者は最初に神戸で生活したためか駅のホームでのサラリーマンの柔らかい関西弁の会話など臨場感が豊かだけれど関東の人には通じないだろう。

40ページほどの短編だがかなり硬質な文体はやはり作者が理系なんだと思ってしまう。細かい情景描写がくどいわりにもうひとつさえないのが残念だけど最後の方の緊迫した描写はすばらしい。
うーん、でも芥川賞にはちょっと遠いかな。


| | Comments (0)

April 13, 2015

マスネ 歌劇「ル・シッド」からバレエ組曲

NMLから。ネーメ・ヤルヴィの指揮、スイス・ロマンド管弦楽団の演奏。
2013年7月の録音。

スペインの騎士ロドリーゲが主人公で、婚約者の父を仇として討たねばならない愛と葛藤を描いた歌劇ですがその中で挿入される7つのバレエ音楽を組曲にしたものでマスネの「タイス」や「絵のような風景」ほど有名ではないけれど明るく美しい旋律はなかなか魅力的です。
昔、マルティノンの指揮、パリ音楽院管弦楽団の颯爽とした演奏のLPを持っていたような記憶がありますがもう定かではありません(笑)
ナクソスライブラリーにもマリナーなどいくつか魅力的な演奏があるのですがその中で一番録音の新しいこれを選びました。スイス・ロマンドは完全に往年以上の魅力を取り戻したようで切れ味のよいカラリとした音に魅了されました。録音も最高級ですnote
 
 


万博記念公園の桜とチューリップ 続き

 
Img_0934rm


| | Comments (0)

April 11, 2015

外務省ホームページから

イラン出身のエンジニアで2度も芥川賞候補になったシリン・ネザマフィさんが2012年に外務省の海外広報用震災復興プロジェクトのメンバーだったことを知り、探したら面白い動画が見つかりました。

イランの高校を出て神戸の大学へ入り大学院まで進みエンジニアになった後も小説も発表するという信じられない才能には驚かされますがここでは達者な英語、日本語を生かして海外向けの広報担当者として活躍する姿が見られます。
最初に来た神戸、京都、有馬温泉、福島、北海道、宮古島など日本人が見ても行きたくなる映像に参加してすてきなプロジェクトとなっているのはさすがに外務省ですね。
最初の神戸の夜景がきれいなのと舞妓さんとの絡みが楽しいです。
 
YouTubeで見られるのですが埋め込みコードが使えないのでこのサイトでご覧ください。ちなみにご自身のことは小説家として紹介されています。

これまで「白い紙」「サラム」は読んだので次は第143回芥川賞候補になった「拍動」を読む予定です。

| | Comments (0)

April 09, 2015

バルトーク ヴィオラ協奏曲

NMLから。ユーディ・メニューインの独奏、アンタル・ドラティの指揮、ニュー・フィルハーモニア管弦楽団の演奏。1966年の録音。
アメリカに渡ったバルトークがプリムローズから頼まれた作品であったが体調を崩し完成できずに亡くなったため友人の作曲家シェルイ・ティボールが補筆して完成させたもの。ドラティは子供のころバルトークに会っていたとかメニューインとドラティは親友だとか逸話に事欠かない間柄での録音なので演奏が悪いわけはないです。
残された楽譜もほとんどがヴィオラの独奏部だったそうでそれを基にスコアを作ったためかいくぶんオーケストラ部分が弱い気がしますが、これぞバルトークといったヴィオラの活躍が十分聴けるだけでありがたい。
大好きなドラティもお国ものという以上に練達の指揮で安心して聴けました。
 
 
 
万博記念公園の桜 続き
 
Img_0917m


| | Comments (0)

April 07, 2015

チャイコフスキー 幻想曲「フランチェスカ・ダ・リミニ」

NMLから。ジュリーニの指揮、フィルハーモニア管弦楽団の演奏。1960年頃の録音。
この演奏はLP時代の刷り込みでその後CDで他の演奏も聴いたけれどなんといってもこれが一番です。ジュリーニが40代のまだ若手と言っていい時期の録音ですがオーケズトラの扱いが実に見事でチェロのうなるような弾かせ方や中間部でのクラリネットの寂しげなモノローグなど一流とはいえどこかニュートラルなイメージのフィルハーモニアが血が通ったような演奏をするのがすばらしい。とくに最終部、夫に殺され地獄に落ちたフランチェスカとパオロが一陣の強風に吹き飛ばされるシーンは圧巻。チャイコフスキーのオーケストレーションのすさまじさをたっぷりと味わえます。この部分下手をすると下品になりやすいのですがそうならないのがジュリーニの魅力note

ジュリーニはこの時代にはEMIに多くの録音を残していますが評論家はまだ若手の部類だった彼に厳しくてモーツァルトなど歌劇はともかく交響曲などボロクソに言われていました。
とにかく評論家のいうことなどまともに聞くものではないですね。(笑)

 

夙川の桜 続き
 
Img_0195m


| | Comments (0)

April 05, 2015

万博記念公園の花たち

万博記念公園の桜も見ごろなので行ってきました。
今回のお供cameraはEOS-M+標準ズームです。
 
太陽の塔の背中を見ながら進むと桜がほぼ満開なのが分かります。
塔の頭の左側を飛んでいる鳥は大きさからみて自然の森に棲んでいるオオタカだと思います。絶滅の恐れがあるので去年の4月に雛が育つまで巣の周りを立ち入り禁止にしていました。
 
Img_0900rm
 

太陽の塔の後ろ側の通り「東大路」は満開の桜並木です。
 
Img_0907rm
 

「東大路」の反対側を進むとチューリップ畑です。
ハート形heartに咲いたチューリップ。
ほぼ真上の太陽光なので写しにくかった。 
 
Img_0922rm
 

いろんな色のチューリップが7分咲位でしょうか。
 
Img_0927rm
 
 
桜とチューリップのコンビネーションはこれぞ春という趣ですね。
 
Img_0934rm
 
 
太陽の塔と東大路の桜の位置関係がよく分かります。
 
Img_0913rm
 

これも帰り道の写真。
桜とチューリップとポピーの春本番トリオ。
 
Img_0898rm
 
去年はこのいい時期にひどい帯状疱疹を患って万博公園に来られなかったので今年はその分を取り返そうと写真をいっぱい写しました。
まあ桜とチューリップは堪能しましたねhappy01

 

| | Comments (0)

April 04, 2015

ハイドン 弦楽四重奏曲第53番 ニ長調 「ひばり」 op.64-5

NMLから。ウィーン・ムジークフェライン弦楽四重奏団の演奏。1989年3月の録音。
春らしい音楽をということで選びましたが、これまで多分ひばりの声を聞いたことはないと思います。ウグイスは庭の近くまで来てよくさえずっていますが。
この弦楽四重奏団はCDで持っているブッフベルガーに比べると本当に柔らかい響きで実によく歌います。まあウィーンフィルが母体なので当然と言えばそうなんですが。それにしても全集で買ったブッフベルガーの演奏がほとんどNMLで聴けるのもかなりくやしい。(笑)
ひばりという名はハイドンが付けたわけではないそうですが、たくさんある彼の弦楽四重奏曲中で見分けるのに便利ではありますね。
 

 
赤いチューリップがそろそろ終わりかけですがこれからいろんな種類のチューリップが咲きだします。庭にはその他、パンジー、山吹、ゆきやなぎなど。
藤のつぼみも大きくなりました。

EOS-X7 40mmレンズで
 
Img_0217wm


| | Comments (0)

April 03, 2015

夙川の桜

この季節には川の両側の桜並木が有名な夙川に行ってきました。
若い時ここからの支線である甲陽沿線に2回ほど住んだことがあり長男が生まれた懐かしい場所です。というか私自身駅の近くで生まれたのですが。

 
大阪方面のホームのすぐそばで桜が咲いています。
駅のベンチにも桜の絵が描いてあるのですが写せなかった。
 
Img_0190rm
 

この日のように水量が少ないときは川面のそばまで降りて歩けるのですが途中で途切れるので要注意。子供たちは川の中で水遊びに夢中です。
 
Img_0209rm_2
 

六甲山系から流れてくるおいしい水なので鯉も泳いでいます。
ピントが左の桜に合っているのが残念sweat02

Img_0196rm
 

5部咲位でしたが花はきれい。
 
Img_0206rm
 
 
川の水面と桜と子供。
ただし阪神間の常で子供たちの言葉は多国籍です。
 
Img_0215rm
 
 
阪急電車の神戸線に乗ると女性のファッションがさりげなくおしゃれなのが分かります。目立たないけれど上品なコーディネィトでバッグから小さなペットボトルを出して水を飲むしぐさも決まっています。
また乗りに行こう。(笑)
 

| | Comments (2)

マーラー 歌曲集 「少年の不思議な角笛」

Mahler_unvクラウディオ・アバドの指揮、ベルリン・フィルハーモニーの演奏、アンネ・ゾフィー・オッターのメゾ・ソプラノ、トーマス・クヴァストホフのバス・バリトンで。1998年2月の録音。CDでエントリーするのはひさしぶりですが、このCDには本来の「角笛」以外に「原光」など3曲が追加されて13曲が収められています。何となくマーラーの歌曲を聴こうとしたらいくつかの全集は交響曲ばかりで歌曲が入っているのは何年か前に買ったユニバーサル・レーベルの18枚組の全集だったことに気が付きました。曲のダブりはあってもこういう全集はお得なので買っておくべきですね。円も高い時期だったし。

じっくりとこの歌曲集を聴くと大編成の刺激的な交響曲ばかりが有名なマーラーですが、本当はとてもナイーヴな神経の持ち主だったと言われる彼の本領は、おとぎ話を題材にしたこういう歌曲にこ発揮されたのではないかと思います。戦場で亡くなっているはずの恋人と語らうお話を基にした「トランペットが美しく鳴り響くところ」など夢の中のような雰囲気が見事なオーケストレーションで描き出されています。
声楽の二人も見事ですがアバドとベルリンフィルが素晴らしさの極みといっていいサポートを聴かせてくれてマーラーを堪能させてくれましたnote
 
 
 
 
Img_0153rm


 

| | Comments (2)

April 01, 2015

万博記念公園の春

良いお天気なので彼女と万博記念公園でデートしましたheart04

期待した桜はまだ3部咲くらいでしたがチューリップが少し咲き出していたのでちょっと華やかな雰囲気です。
 
Img_0151rm
 

 
咲き出したチューリップの右側をカメラバッグを持たされてボーっと歩いているのがウチの奥さん。
 
Img_0155rm
 
 
3部咲位だけどソメイヨシノですね。

Img_0163rm

 
次の日曜日で桜が満開ですが雨みたいで残念。
チューリップはまだ1週間は大丈夫でしょう。
楽しみです。camera

| | Comments (0)

« March 2015 | Main | May 2015 »