« 田川 寿美の 「いい日旅立ち」 | Main | アルビノーニ 「弦楽とオルガンのためのアダージョ」 ト長調 »

March 15, 2015

ロッシーニ 弦楽のためのソナタ第3番 ハ長調

ミヒャエル・エルクスレーベンの指揮、新ベルリン室内管弦楽団。NMLより
ロッシーニらしく明るく陽気で肩のこらない弦楽ソナタは春の日差しが見られる昨今聴くのに最適です。時間も3楽章十数分で終わるし。happy01

1楽章はまさしくロッシーニの歌劇のアリアそのもといっていい明るさですが2楽章を少し暗くしてバランスを取り、軽快に進行する短い3楽章でまとめるというまさしく職人の技を聴かせてくれ、【あの】カラヤンも録音したので名曲としてそれなりの立場を確保したみたいです。note

CDではマリナーの手慣れた演奏もあるのですが例によってすぐに出てこないのでNMLで探してみました。新ベルリン室内管弦楽団というのは昔の東独のメンバーではなくベルリンフィルのメンバーが中心だと聞きました。詳しくは分かりませんがアンサンブルは見事です。


 
   奥さんが(私より)大事にしている庭の花。

Img_0045rm


|

« 田川 寿美の 「いい日旅立ち」 | Main | アルビノーニ 「弦楽とオルガンのためのアダージョ」 ト長調 »

「室内楽」カテゴリの記事

Comments

バルビさん
ロッシーニの音楽はすべて歌だと言っても過言ではないでしょうね。

>チェロとコントラバスの二重奏
またNMLで探して聴いてみます。
ありがとうございました。

Posted by: よし | March 17, 2015 at 10:51 AM

 ロッシーニの音楽は、オペラだけでなく、室内楽も逸楽に溢れていて、本当に楽しいです。この弦楽のソナタ集も良いし、チェロとコントラバスの二重奏も素敵です。
 5,6年前、地元の草津音楽フェスティバルで、上の二曲を聴き、その楽しさに胸が躍りました。

Posted by: バルビ | March 16, 2015 at 06:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 田川 寿美の 「いい日旅立ち」 | Main | アルビノーニ 「弦楽とオルガンのためのアダージョ」 ト長調 »