« 海遊館 その1 | Main | 海遊館 その2 »

March 27, 2015

ドヴォルザーク 組曲 イ長調 「アメリカ」 op.98b

NMLから。ロビン・ティチアーティの指揮、バンベルク交響楽団の演奏。
2013年12月の最新録音。
ティチアーティは若干25歳でバイロイトにも出演した俊英でこの録音の後、昨年2月には日本にも演奏旅行で来ていたとか。
まだ32歳の若さながらこのドイツバイエルン州の名門オーケストラの首席指揮者を務めるだけあって実に瑞々しい音楽を聴かせてくれます。
写真を見るとイギリスの男性によく見られる巻き毛の金髪で嫌みのないイケメンです。コリン・ディビス、サイモン・ラトルに続く若手の指揮者の登場は楽しみ。

実はこの組曲を聴くのは初めてで確かドラティの演奏があったかなと記憶するだけですが、「新世界より」の少し後の作品だけあって練れた作曲技法で、アメリカというより故郷のボヘミアを感じさせるところがいかにもドヴォルザークですね。
バンベルク饗はもともとチェコにいたドイツ人で結成されたオーケストラですが柔らかく暖かい響きはこういう曲にピッタリでベルリンフィルのピカピカした音とは一線を画していて個人的にはこちらの方が好きheart02
メインの曲である「新世界より」も2楽章のしっとり感など実に見事ですがそれ以降をダイナミックに推進させて終結させる手腕にも納得。名演奏といっていいでしょうnote
SACDフォーマットらしく濁りが無く美しい録音なのもうれしい。
 


   万博の早咲き桜はほぼ満開。
   今日は大阪の桜(ソメイヨシノ)の開花宣言が出ました。
   1週間後には満開とかcherryblossom
 
Img_0847m


|

« 海遊館 その1 | Main | 海遊館 その2 »

「管弦楽」カテゴリの記事

Comments

バルビさん
ちょっと変わった組み合わせのCDですが却って新鮮ですね。
ティチアーティはシューマンなども録音していてこれから広いレパートリーの録音が続くと思われます。
楽しみです。

Posted by: よし | March 28, 2015 at 09:44 AM

 佳いCDの紹介、ありがとうございます。その昔、ドラティの指揮でこの曲を聴いたことがありました。初めて聴いてからもうかなりの年月が経っています。それ以来一度も聴いていません。
 ドヴォルザークの曲は、どれも好きなので、このロビン・ティチアーティの演奏にも興味があります。アマゾンを見たらありましたので、注文します。

Posted by: バルビ | March 28, 2015 at 07:28 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 海遊館 その1 | Main | 海遊館 その2 »