« 「瀬戸内まで」を読んで | Main | 万博記念公園の春 »

March 31, 2015

ショスタコーヴィチ 24の前奏曲 op.34 から

NMLから
コンスタンティン・オルベリアンの指揮、モスクワ室内管弦楽団の演奏。ピアノのための原曲の中から9曲をルドルフ・ヴァルシャイが室内管弦楽用に編曲したもの。
ヴァルシャイは同じくショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲も室内管弦楽用に編曲していて、自身イタリアのオケで録音しているけれど原曲の凄味は感じられず少々がっかりしたが、この24の前奏曲の編曲版は作曲者の持ち味がよく出ていておもしろい。
ただ、編曲といっても単にピアノ曲を管弦楽にアレンジしただけでなく曲の順番も変えて組曲としているので再構成版とでもいうべきでしょうね。全曲で13分という長さは普段なら歓迎するのですが面白いので30分ほど聴きたかったというのは私のわがままかな。(笑)

 
 
庭の藤のつぼみがたくさん出ています。
去年はそうでもなかったけれど今年はいっぱい藤が見られそう。
kiss-X7 250mm で この望遠ズームは安いけれど結構いい描写なのが好き。
 
Img_0143rm


|

« 「瀬戸内まで」を読んで | Main | 万博記念公園の春 »

「管弦楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「瀬戸内まで」を読んで | Main | 万博記念公園の春 »