« カラヤン、N饗の「悲愴」 | Main | ヘルナンドス・ハイダウェイ »

February 08, 2015

別れ

永い間お世話になった看護師さんが辞めることになったので「永年勤続賞」ということで記念品を差し上げたら何日かあとでお返しを頂きました。
お別れによく使う品とこの時期恒例のものです。
クリニックでは看護師というよりPTとしてお世話になったので個人的な思い出も多いし何よりも女性スタッフからも好かれていた穏やかな人柄とのんびりした口調に癒されていました。
まあ美人だしcoldsweats01

最後の日にお別れの握手をして手を合わせて見たら「主人より大きいんよ」という手も私より少し小さかったので安心しました。(笑)
さよならしても住所は近くだしまたショッピングセンターなどで会うかもしれない。
でも少しだけ喪失感を感じた一日でした。

 
P1020694s

|

« カラヤン、N饗の「悲愴」 | Main | ヘルナンドス・ハイダウェイ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« カラヤン、N饗の「悲愴」 | Main | ヘルナンドス・ハイダウェイ »