« シューベルト 即興曲第3番 変ロ長調 D899 op.90 | Main | 動画配信 »

January 28, 2015

ストラヴィンスキー 「春の祭典」

Bernstein_65バーンスタインの指揮でオケは珍しくロンドン交響楽団。1973年4月ロンドンのEMIスタジオでの録音。若いときはハルサイに入れあげていろいろな演奏を集めたのだけど元はといえばマルケヴィッチの凄絶な演奏が始まりです。日本で日フィルを振った時の演奏は語り草だそうですが、右手で4拍子、左手で3拍子で7拍子を振ったという話には驚きましたimpact。25センチのLPでは最後のクライマックスで音が混濁して何が何か分からないうちに終わりましたがそれでも感動したのを思い出します。以後、カラヤン、バーンスタインがニューヨークフィルを振ったの、ショルティ、ドラティ、アバド、etc、よく集めたものです。
さて、バーンスタインがロンドン饗を振ったこの演奏は極めてオーソドックスな分かり易いもので1958年にニューヨークフィルを振ったときの切れ味は無いにしても落ち着いたテンポである種の貫録も備えた文句のない演奏です。というかこの曲もすっかり古典になったなという印象ですね。


 
Img_0372r1s

|

« シューベルト 即興曲第3番 変ロ長調 D899 op.90 | Main | 動画配信 »

「管弦楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« シューベルト 即興曲第3番 変ロ長調 D899 op.90 | Main | 動画配信 »