« 長寿箸 | Main | ベートーヴェン ピアノ協奏曲第4番 ト長調 op.58 »

November 06, 2014

バルトーク 2台のピアノと打楽器のための協奏曲 Sz115

Bernstein_4バーンスタインの指揮、ニューヨーク・フィルハーモニック、2台のピアノ、ティンパニィ奏者1名、打楽器奏者2名による演奏。1966年の録音。新しくバーンスタインのBOXセットが出たので買ってしまいました。管弦楽曲、協奏曲が中心ですが、コープランドを始め彼自身の作曲したアメリカ音楽もたくさん入っているのが魅力です。もう10枚目まで聴きましたが、これからも毎日聴き続けるでしょう。ABC順なのでバッハの次はバルトークですがほとんどが素晴らしい名演です。特にこの曲は名曲の割に録音が少ないのですが、バーンスタインとニューヨークフィルの切れ味のよいバックを得て、打楽器奏者たちが素晴らしい妙技を聴かせてくれます。
一緒に収められているヴァイオリン協奏曲2番も全盛期のスターンの独奏が聴け、オケの迫力もあってちょっと聴き惚れました。1959年とは信じられない鮮明で奥行のある録音もすばらしい。
 
 
   ixy 51sで 落ち葉を極彩色モードで写しました。
   クリック→大
  
Img_1097m2


 

 
 


|

« 長寿箸 | Main | ベートーヴェン ピアノ協奏曲第4番 ト長調 op.58 »

「協奏曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 長寿箸 | Main | ベートーヴェン ピアノ協奏曲第4番 ト長調 op.58 »