« 道頓堀異変 | Main | ブログ小説のお知らせ »

October 21, 2014

ヨハン・シュトラウスⅡ「アンネン・ポルカ」 op.117

Img_1061ssハンス・クナッパーツブッシュの指揮、ウィーン・フィルハーモニーの演奏、1957年のステレオ録音。シューベルトの「軍隊行進曲」をテレビCMでよく聴くので確かこのコンビのLPがあったはずと探して見つけたものは「ウィーンの休日」という題で、お目当ての曲は入っていませんでした。まあ、せっかくなので聴いてみたら買ってからあまり聴かなかったようで盤面もきれいで再生中「ピチ」ともいわず、楽しめました。ブルックナーなんかを得意にしたクナですが、ウィーンフィルを相手にしたウィンナワルツは悪かろうわけもなくボスコフスキーを始め全盛期のこのオーケストラの香りが満ち溢れていてテンポの急変には驚かされるものの見事なものです。
今の再生装置のセッティングはどうやらLPでも問題ないようで、あとは聴きたいレコードをラックからガサゴソ探す手間だけの問題です(笑)
ちなみに、年に2回ほどしかターンテーブルを回さないので、聴きだして30分ほどはほんのわずかですが回転ムラを感じます。今後は聴かなくても毎日回すようにします。
 
 
戎橋近くのスタバ。この辺りにはハンバーガーショップやうどん屋などが並び修学旅行の定番コースみたいです。
 
Img_1059s


 

|

« 道頓堀異変 | Main | ブログ小説のお知らせ »

「管弦楽」カテゴリの記事

Comments

HABABIさん
クナとウィーンフィルとの「くるみ割り人形」を聴いてみたいですね。
カラヤンもそうですが、バレエ音楽だとかメルヘンだとか妙に意識せず純音楽として取り組めばいい演奏になると思っています。

Posted by: よし | October 22, 2014 at 08:48 AM

こんばんは

「軍隊行進曲」が入っているのは、「くるみ割り人形」の入っている「楽しいコンサート」のLPアルバムの方ですね。私も両方持っています。実は、これらがクナッパーツブッシュの演奏録音で一番気に入っているものだったりして。

Posted by: HABABI | October 21, 2014 at 05:53 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 道頓堀異変 | Main | ブログ小説のお知らせ »