« マスビジネス | Main | グリーンスリーヴス »

October 09, 2014

モーツァルト 弦楽五重奏曲第5番 ニ長調 KV.515

Mozart_masterオルランド弦楽四重奏団に今井信子氏が加わった編成で、1989年の録音。モーツァルトが世を去る1年前の作曲で、かなり生活に困っていた時代だけどそういう暗さが見えないのがさすがにこの作曲家のすばらしいところ。
作曲技法も精緻なものですが透明感にあふれた2楽章が絶品。軽快でスピーディな終楽章もお見事。ヴィオラが増えたことによる安定感が五重奏曲の持ち味ですが、特にこの曲ではそれを強く感じます。最近何度も聴いております。
 
 
オシャンブルーはこの季節でも夏より元気いっぱいに咲いています。
庭の外にもたくさん花が咲いているはず。
  
P1020664s

 


|

« マスビジネス | Main | グリーンスリーヴス »

「室内楽」カテゴリの記事

Comments

narkejpさん
四重奏曲では裏方のようなヴィオラの存在が明確なので曲の重心が安定しますね。

Posted by: よし | October 11, 2014 at 02:27 PM

モーツァルトの弦楽五重奏曲、どれもいいですね~。スークとスメタナ四重奏団で聴いています。そういえば、第5番を記事にするのをすっかり忘れていました(^o^)/

Posted by: narkejp | October 11, 2014 at 06:55 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« マスビジネス | Main | グリーンスリーヴス »