« ショパン ワルツ第14番ホ短調「遺作」 | Main | シューベルト ピアノソナタ第13番イ長調 D.664 »

September 21, 2014

メンデルスゾーン 交響曲第3番「スコットランド」

Mendelssohn_symショルティの指揮、シカゴ交響楽団の演奏、1985年の録音。独立するとかしないとかで世界の注目を集めたので今回はこの曲を取り上げました。名曲だけあって私も数種類持っていますが、最初に買ってあまり聴かなかったショルティのCDを選びました。このカンタービレ一杯の麗しい音楽がショルlティのあのギクシャクな棒から生まれるとは信じられないほどの素晴らしさにびっくり。シカゴ饗も最高のアンサンブルと美しい響きで文句ありません。
今回初めて知ったのですがUKの旗はイングランド、スコットランド、アイルランドの3つの旗の組み合わせなんですね。独立してスコットランドのブルー地が無くなるとユニオンフラッグのカッコ良さが無くなるところでした。
また、スコットランドウィスキーはいうまでもなく有名ですが、冷やさずに飲むスコットランドビールも美味しいそうです。
 
 
Img_2294s


|

« ショパン ワルツ第14番ホ短調「遺作」 | Main | シューベルト ピアノソナタ第13番イ長調 D.664 »

「交響曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ショパン ワルツ第14番ホ短調「遺作」 | Main | シューベルト ピアノソナタ第13番イ長調 D.664 »