« 高田 郁 「みをつくし料理帖 天の梯」 | Main | ハイドン 「オールド・ラング・サイン」(蛍の光) »

September 29, 2014

DVD 「小さいおうち」

第143回直木賞を受賞した中島京子の小説を山田洋次監督が映画化したもので、若き日の女中タキを演じた黒木華は第64回ベルリン国際映画祭最優秀女優賞(銀熊賞)している。
戦前・戦中と会社役員の家で女中をしていたタキが晩年になってノートに書いていた回想録をもとにしたお話。
親切な夫人とその息子に心から尽くした彼女だが、夫人と若い男性社員の間に起きた恋愛に関して家庭を思うあまり1度だけ夫人を裏切ったことに晩年になっても悩むのだった。
男性の下宿から帰った夫人の帯の位置(左右)が出かけた時と違うことに気づき悩むシーンは女性ならではの視点。
とにかく若い時の女中役の黒木華の存在感が抜群。
これぞ正真正銘の日本女性といった丸い顔立ちや一重の目で、雪深い田舎から上京した純朴な女中役がピッタリではあるがそれ以上に芯の強さが演技に表れるところがすばらしく、上記の賞を受賞したことに大いに納得した。朝ドラで花子の妹役でも出ていたが映画の方がはるかに良かったのは監督の力量か。
原作の小説を読んでいないが、映画では少し略されているようなのがちょっと残念。本の方が面白そうだが黒木華の演技を見られることではDVDがいいと思う。


Img_0229rs


|

« 高田 郁 「みをつくし料理帖 天の梯」 | Main | ハイドン 「オールド・ラング・サイン」(蛍の光) »

DVD」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 高田 郁 「みをつくし料理帖 天の梯」 | Main | ハイドン 「オールド・ラング・サイン」(蛍の光) »