« ハイドン ホルン協奏曲第1番 ニ長調 | Main | ハイドン 交響曲第98番変ロ長調 »

July 02, 2014

ドビュッシー 「ハープと弦楽のための舞曲」

Debussy_boxグザヴィエ・ドゥ・メストレのハープ、ウィーンフィルハーモニー管弦楽団員の演奏、2008年1月の録音。メストレはウィーンフィルのハーピストなので気心の知れたメンバーとの共演ということですが冴えきった音にはある種の緊張感もあってさすがです。「神聖な踊り」と「世俗的な踊り」の2つの舞曲の組み合わせですが、東洋的ともいえる神秘的な雰囲気が漂うなかハープが煌めくさまはこの作曲家独特の感性です。蒸し暑い日に最高の演奏家による音楽を聴いて爽快な気分になりました。
 

 
頂いた大葉を植えたら立派な葉がたくさん出来て奥さん大喜びlovely

P1020643rs


|

« ハイドン ホルン協奏曲第1番 ニ長調 | Main | ハイドン 交響曲第98番変ロ長調 »

「室内楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ハイドン ホルン協奏曲第1番 ニ長調 | Main | ハイドン 交響曲第98番変ロ長調 »