« ヨーゼフ・シュトラウス 「かじやのポルカ」 | Main | ハイドン トランペット協奏曲変ホ長調から第3楽章 »

July 18, 2014

ウェスト・サイド・ストーリーから「マンボ」

バーンスタインの「マンボ」はアンコールなどでもよく使われますが、これはニュージーランド交響楽団のメンバーがウエリントンの地下鉄乗り場で行った楽しいフラッシュモブです。最初は打楽器のリズムセクションだけですが2分過ぎからは本格的なマンボが始まり観客も掛け声をかけてノリノリ。up
朝の8時半という混雑する時間帯なので日本では無理でしょうが、結構余裕で演奏しているのがいいなと思います。
でも公共の場ですからフラッシュモブは終わったらさっさと引き上げるのがマナーみたいですね。演奏者の背中に貼っているのは楽譜かな。note
画面が小さいのでフルスクリーンモードで見てください。



 
 

|

« ヨーゼフ・シュトラウス 「かじやのポルカ」 | Main | ハイドン トランペット協奏曲変ホ長調から第3楽章 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ヨーゼフ・シュトラウス 「かじやのポルカ」 | Main | ハイドン トランペット協奏曲変ホ長調から第3楽章 »