« シューマン 交響曲第4番ニ短調 op.120 | Main | タングルウッドの奇跡 »

July 24, 2014

カラヤンの弾き振り

またまた珍しい映像を発見しました。impact
モーツァルトの3台のピアノのための協奏曲ヘ長調 KV242 の1楽章をカラヤンの弾き振りとユストゥス・フランツそしてクリストフ・エッシェンバッハのピアノで演奏するというなんともぜいたくな企画です。
1971年にパリで収録されたようですからオーケストラは多分パリ管弦楽団でしょう。
ピアニストの見分け方は中央の髪の毛の黒い方(このころはまだフサフサ)が31歳のエッシェンバッハです。
当時のファッションですが若い二人は長髪なのが時代を感じさせます。
しかし、カラヤンのピアノそれも弾き振りは初めて見ましたがさすがにお見事note
このカッコよさを見たエッシェンバッハが指揮者を目指したのも分かりますね。



 

|

« シューマン 交響曲第4番ニ短調 op.120 | Main | タングルウッドの奇跡 »

「協奏曲」カテゴリの記事

Comments

u子さん
カラヤンこのとき63歳、全盛期の映像です。
私も全盛期でした(笑)

Posted by: よし | July 25, 2014 at 10:36 AM

よしさん

カラヤン、ステキですねえ・・・ため息。
気持ちのいい演奏で暑さが吹き飛びました。

Posted by: u子 | July 25, 2014 at 08:58 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« シューマン 交響曲第4番ニ短調 op.120 | Main | タングルウッドの奇跡 »