« 今野 敏 著「隠蔽捜査」 | Main | 今野 敏著「果断」 »

May 24, 2014

マーラー 交響曲第3番

Mahlerzinmanジンマンの指揮、チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団の演奏、2006年の録音。2カ月前にもアバドの演奏で取り上げた曲だけれどジンマンのSACDによる全集はとにかく音がいいので最近よく聴いています。曲の大きな主題は自然賛歌であり、「夏の交響曲」とも称されますが、夏といってもオーストリアの夏だから爽やかです。8本のホルンに代表されるような大編成なのに穏やかで密やかな楽章が多くマーラーの交響曲の中では4番と共に親しみやすいものですが、なにせ100分の大曲なので聴きとおすのは結構大変(笑)
のどかなポストホルンの音色や少年合唱団が「ビム、バム」と歌うのを聴いていると幸せな気持ちになりますheart02
音が良いと書きましたが大音量でなくても各楽器の音の分離が良く濁りや歪が少ない録音は素晴らしいの一言。
 
 

そろそろバラも終わりで多分最後の記念撮影。
EOS-M 18-55mm クリック→大
 
Img_0530r2m


|

« 今野 敏 著「隠蔽捜査」 | Main | 今野 敏著「果断」 »

「交響曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 今野 敏 著「隠蔽捜査」 | Main | 今野 敏著「果断」 »