« モーツァルト 協奏交響曲変ホ長調 K.364 | Main | 空也(うや)もなか »

May 30, 2014

ニッコウキスゲ

「庭にニッコウキスゲが咲いたよ」と奥さんがうれしそうに言ってきたのでしばらく「???」状態でした。
ニッコウキスゲって霧ヶ峰にしか咲かないと思っていました。
昔この花を見たさに霧ヶ峰まで行った思い出もあります。

  半信半疑で庭に行くと確かに咲いていました。
 
P1020615s

別に霧ヶ峰まで取りに行かなくても普通に球根を売っているとのこと。
我が家でニッコウキスゲを見られるとは思いませんでした。

  まだつぼみがたくさんあるので当分花が咲きそうです。
 
P1020614s

数は少なくてもいろんな花を見られるのはうれしいことですheart02

|

« モーツァルト 協奏交響曲変ホ長調 K.364 | Main | 空也(うや)もなか »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

narkejpさん
大阪の方が気温が高かったので早く咲いたのでしょうね。

Posted by: よし | June 02, 2014 at 12:38 PM

もうニッコウキスゲが咲きましたか!驚きです。
当地では、例えば月山に羽黒山側から登るとき、弥陀ヶ原というところを通りますが、そこでたくさん見られます。
https://www.google.co.jp/search?q=%E6%9C%88%E5%B1%B1+%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%B3%E3%82%A6%E3%82%AD%E3%82%B9%E3%82%B2&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=GOqKU43kM4KD8gXe9YLoDw&ved=0CCwQsAQ&biw=1034&bih=825
7月の花というイメージでしたので、もう咲いているということに驚いてしまいます(@o@)wa-o

Posted by: narkejp | June 01, 2014 at 05:58 PM

森の杣人さん
ニッコウキスゲは群生しているイメージがあるので庭でポツンと咲くのに不思議な気がしています。
名前を言われなければ絶対に分からず訊かれたら「ミヤマシラネソウ」と答えるでしょうね。(笑)

Posted by: よし | June 01, 2014 at 10:22 AM

毎年、大学のワンゲルで夏休みが始まる7月下旬に谷川岳へ錬成合宿というひたすら身体を嫌える合宿がありまして、谷川岳近くの平標山(たいらっぴょうやま)に1年生から4年生(+α)まで全部員が集結します。そのあと三国山から三国峠に降りるのですが、この三国山にニッコウキスゲの群落があります。写真のニッコウキスゲよりちょっと小ぶりで色ももう少し薄かったような気がします。ちょうど今ごろの季節ですから懐かしいですね。

Posted by: 森の杣人 | May 31, 2014 at 10:44 PM

さちこさん
ヤブカンゾウは八重ですがどちらもキスゲ科で同じ仲間のようです。
またヤブカンゾウは食べられるそうですよ。
ニッコウキスゲは一日ユリと言われるように朝咲いて夕方にはしぼむ潔い花です。

Posted by: よし | May 30, 2014 at 10:19 PM

こんばんは。

お庭にニッコウキスゲですか。
ほんと霧ヶ峰に行ったようです。

ニッコウキスゲってヤブカンゾウと似てますね。仲間なのでしょうね。

Posted by: さちこ | May 30, 2014 at 09:12 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« モーツァルト 協奏交響曲変ホ長調 K.364 | Main | 空也(うや)もなか »