« コレッリ トランペットと2台のヴァイオリンのためのソナタ WoO.4 | Main | ありがとう »

May 10, 2014

ドヴォルザーク スラブ舞曲第8番ト短調 Op.46-8

Dvorak_ozawaアンドレ・プレヴィンの指揮ウィーン・フィルハーモニーの演奏、1993年の録音。小学館のCD月マガジンです。ジャケット写真が小澤さんなのはメインの曲が小澤さんの「新世界より」だから。こちらも当然いい演奏で初回はお特用価格のこういうシリーズ物はたいてい買うようにしています。ウィーンフィルと相性が良いプレヴィンは格別郷土色を出そうとするわけでもないけれど、とてもいい雰囲気の仕上がりになっているのがさすが。note
フリアントと呼ばれる3/4拍子のリズミカルな8番はアンコール曲などに最適で、冒頭の激しい開始の後のヴィオラによる哀愁のある対旋律などの扱い方がこの作曲家のオーケストレーションの上手さをよく示しています。このCDには入っていないけれどひなびた曲調の7番も大好き。
 
 
窓際のシクラメン、望遠で狙ったので楽に写せました。
EOS-M 55-250mmで F8に絞ればまずまず。
クリック→大
 
Img_0438m


|

« コレッリ トランペットと2台のヴァイオリンのためのソナタ WoO.4 | Main | ありがとう »

「管弦楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« コレッリ トランペットと2台のヴァイオリンのためのソナタ WoO.4 | Main | ありがとう »