« モーツァルト ファゴット協奏曲 変ロ長調 KV191 | Main | ハイドン 交響曲第38番 ハ長調 »

April 23, 2014

マーラー 交響曲第4番 ト長調

Mahlerzinmanディヴィッド・ジンマンの指揮、チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団、リューバ・オルゴナソヴァのソプラノ、2006年11月の録音。ジンマンのマーラーBOXから。最新録音のSACDだけど普通のCDプレーヤで聴いても実に美しいオーケストラの音が堪能できる。トーンハレのホールの良さやスイスの澄んだ空気感さえ感じられる誇張のないすばらしい録音を行ったのは元デッカの技術陣らしいnote
あっさりとして思い入れの少ないジンマンの指揮は、ベートーヴェンやシューマンでは勘弁してよと言いたいけれど、マーラーのこってりした交響曲の中では水彩画ともいわれるこの4番ではすっきりとした雰囲気がよく出ていて名演といってもいいほど。鈴とフルートによる爽やかさ満点の開始から魅了されるけれど、私は天国からときおり地上の喧騒を垣間見るような牧歌的な3楽章が大好きheart02
4楽章のソプラノも上手。
 


 
  
菊はあまりアップで写さないほうがいいかも。
EOS-M 40mm クリック→大 少し甘いsweat01
PS: 菊ではなくマーガレットでしたcoldsweats01

 
 
Img_0350rm

  

|

« モーツァルト ファゴット協奏曲 変ロ長調 KV191 | Main | ハイドン 交響曲第38番 ハ長調 »

「交響曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« モーツァルト ファゴット協奏曲 変ロ長調 KV191 | Main | ハイドン 交響曲第38番 ハ長調 »