« プロコフィエフ/ヴァルシャイ編 「束の間の幻影」 | Main | 足立美術館 »

March 02, 2014

ベルリオーズ 歌曲集「夏の夜」 op.7

Berliozメゾ・ソプラノの独唱がレジーヌ・クレスパン、アンセルメ、スイス・ロマンド管弦楽団の伴奏、1963年9月の録音。知人に、いい曲ですよと教えてもらった「夢とカプリッチヨ」目立てに買ったCDだけどそのあとに入っていたこの歌曲集もすばらしい。
ベルリオーズの友人であったゴーティエの詩集に作曲したもの。このCDに収められているのはピアノ用だったのをのちにオーケストラ伴奏用に編曲したものだけどとにかくクレスパンのフランス語の歌唱がたとえようがないほど美しいheart04
薬剤師を目指してから歌手になったという変わった経歴の彼女は、ワーグナーが有名だけどやはりお国もののこういったフランスの歌が合っていると思います。フランス語は分からないけれどその伸びがあって深みのある声質に聴き惚れましたnote
控えめで落ち着いたアンセルメの伴奏も見事です。

 

 
2日ほど旅行しておりました。
道路はOKだけど周りの山は雪景色です。

 
 
P1020487s


|

« プロコフィエフ/ヴァルシャイ編 「束の間の幻影」 | Main | 足立美術館 »

「声楽」カテゴリの記事

Comments

HABABIさん
声楽ものをほとんど聴かない私ですが、HABABIさんのお役にたてたのならとても光栄です。
フランス語が分らなくても美しい発声だということは分かりますね。

Posted by: よし | March 04, 2014 at 08:44 AM

こんばんは

クレスパンのフランス語の歌声は、私も本当に好きです。「クレスパン/歌曲リサイタル」というLPを持っていて、シューマンの「リーダークライス」作品39やフォーレ等の歌曲が入っており、繰り返し聴きました。同じものを2枚持っていて、そのうちの1枚にはサインのある色紙も挟んであります。フランス語をコロコロ発声している曲もあり、それを聴いているだけでも楽しいレコードです。
だいぶ後に、ライブ録音で、あまり音は良くありませんが、ヴォルフ他の歌曲のCDを入手し、聴いていました。
中古LPで「カルメン」全曲も持っていますが、クレスパンのソプラノの声は、声の綺麗な○○さん、という印象で、この役柄には合っていなかったような。
ご紹介の「夏の夜」もLPで持っています。それには、ラヴェルの歌曲集「シェエラザード」も入っています。若い頃に買いましたが、実は、あまりよく聴いていませんでした。先ほど「ヴィラネル」、「ばらの精」や「君なくて」等を聴き、改めてクラスパンの発声の綺麗さに、とても心地良いものを覚えました。しばらく、このLPを聴いていようと思います。HABABI

Posted by: HABABI | March 04, 2014 at 12:27 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« プロコフィエフ/ヴァルシャイ編 「束の間の幻影」 | Main | 足立美術館 »