« 春は来たけれど | Main | マーラー 交響曲第3番 ニ短調 »

March 25, 2014

モーツァルト ディヴェルティメント ニ長調 KV131

Mozart_veghシャンドール・ヴェーグの指揮、ザルツブルク・モーツァルティウム室内管弦楽団の演奏、1990年の録音。ロシア物が続いたのでやはりショスタコーヴィチの出番かと思ったけれど背中が痛くて重い曲はやめて軽くて明るい曲にしました。モーツァルト16歳の時の作曲で軽い曲などと書きましたが、6楽章で30分というかなりの大作です。管楽器が充実していてフルート、オーボエ、バスーンが各1本、ホルンは4本ですが、当時のナチュラルホルンなので数を要したのでしょう。フルートが活躍しますが4楽章ではヴァイオリンとの掛け合いで鳩時計のような雰囲気があってとてものどかnote

分かってはいても16歳の若さでこれだけの曲が書けるのはやっぱり天才ですね。ヴェーグの演奏は定評あるもので安心して聴けますheart02
 


  LX3で クリック→大

P1020259m

|

« 春は来たけれど | Main | マーラー 交響曲第3番 ニ短調 »

「管弦楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 春は来たけれど | Main | マーラー 交響曲第3番 ニ短調 »