« ブラームス 交響曲第4番 ホ短調 op.98 | Main | ブラームス ハンガリー舞曲第1番 ト短調 »

January 24, 2014

アバドのリハーサル風景

アバドの映像を探していたらベルリンフィルが提供しているYouTubeのサンプル集がありました。

これは1996年ベートーヴェンの交響曲第6番のリハーサルの映像ですが、彼が63歳の時ですから元気いっぱいですね。ベルリンフィル相手のリハーサルはドイツ語ですが、イタリア語のインタビューの映像もありました。イタリアが母国ですからね。
ベルリンフィルは指揮棒より少し遅れて音が出ると言われていたのが、ぴたりと同期しているのはアバドのしつけが行き届いたからでしょうか。その分音が軽くなったきらいはありますが、フェラーリを操縦するようなシャープな反応がすばらしいnote


こちらはさらに数年前の映像と思われます。モーツァルトの交響曲第35番「ハフナー」のライブですが、フィルハーモニーホールじゃないですね。しなやかな指揮姿もかっこいいし、けれどいかにもオケが弾きやすそうなタクトさばきです。

|

« ブラームス 交響曲第4番 ホ短調 op.98 | Main | ブラームス ハンガリー舞曲第1番 ト短調 »

「音楽」カテゴリの記事

Comments

sankichi1689さん
術後しばらくは直視できなかったですね。
ベルリンフィルのYoutube集ではブラームスのハンガリー舞曲がしなやかな名演だし、この「ハフナー」を見てモーツァルトをもっと買えばよかったと思っています。
この人、オーケストラに好かれるわけですね。

Posted by: よし | January 24, 2014 at 10:05 AM

よしさん、こんばんは。
がんを患った後の激やせは痛々しかったですね。動画で生き生きとした指揮ぶりを見ると一層強く感じます。
死去後、たくさんの方がアバドの記事を書かれていますが、同じディスクを取り上げている方がいない感じがします。この人の幅の広さなのでしょうかね。

Posted by: sankichi1689 | January 23, 2014 at 10:54 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ブラームス 交響曲第4番 ホ短調 op.98 | Main | ブラームス ハンガリー舞曲第1番 ト短調 »