« テレマン ヴィオラ協奏曲 ト長調 | Main | 三宅由佳莉さんの歌で「アメイジング グレイス」 »

November 13, 2013

最高のオーケストラで美しいメロディーを

クラシックの名曲の中でも飛び切り美しいメロディーを持つのがドヴォルザーク 交響曲第8番の第3楽章。
You Tubeで検索したらカラヤン、ウィーンフィルの極め付きの名演奏がありました。
最晩年は元気の無かったカラヤンも、オーケストラの魅力で素晴らしい演奏を聴かせてくれます。
まさしくウィーンフィルの弦楽器は最高heart02
ただし、管楽器などアップの部分は別撮りの映像みたい。


4楽章はこちら。
アバドの指揮、ベルリンフィルの演奏。
これはライブの映像なのでとても自然。トランペットのファンファーレが以外におとなしいのはアバドの人柄かnote

|

« テレマン ヴィオラ協奏曲 ト長調 | Main | 三宅由佳莉さんの歌で「アメイジング グレイス」 »

「音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« テレマン ヴィオラ協奏曲 ト長調 | Main | 三宅由佳莉さんの歌で「アメイジング グレイス」 »