« ベートーヴェン 交響曲第8番 ヘ長調 op.93 | Main | ベートーヴェン ピアノ協奏曲第4番 ト長調 op.58 »

November 28, 2013

エルガー 「威風堂々第1番」

YouTubeで2008年プロムスの演奏を見つけました。
本当は威風堂々第4番を探していたのですが、映像つきは見つかりません。
でもさすがプロムスだけあって映像の迫力がスゴイimpact
オーケストラはもちろんBBC放送饗でしょうが、若手の奏者をたくさん入れているように見えます。
指揮はサー・ロジャー・ノリントン
来日したときN饗にさんざんノンビブラートを強要したくせに、最後の全員の歌で「もっと、ビブラートを」とは宗旨替えしたのでしょうか(笑)
指揮はともかく会場いや場外の観客がいろんな国の旗を持って歌うのが感動的ですnote
この歌詞は「希望と栄光の国」という詩の第2番です。
ロイヤル・アルバート・ホールだと思うのですが、広くて素晴らしい。
とにかく、最後の合唱まで聴いてみて下さい。
さすが大英帝国!


|

« ベートーヴェン 交響曲第8番 ヘ長調 op.93 | Main | ベートーヴェン ピアノ協奏曲第4番 ト長調 op.58 »

「音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ベートーヴェン 交響曲第8番 ヘ長調 op.93 | Main | ベートーヴェン ピアノ協奏曲第4番 ト長調 op.58 »