« 「プーシキン美術館展」 | Main | 中田永一 「くちびるに歌を」 »

November 03, 2013

NHK 朝ドラ 「ごちそうさん」

NHKの朝ドラ「ごちそうさん」が面白くなりました。
食べるだけで色気も無かっため以子が、彼のためにせっせと料理を覚えていくのがいじらしくて、いつの間にか応援モードにheart04
お母さん役の財前直美もさっぱりとした江戸前が気持ちいいし、おにぎりを握ったときの手つきがメッチャ上手 riceball
さて、いざ大坂へ出発するシーンを見るとおもちゃのような汽車ポッポで、これで無事大坂まで走れるのかな思ったら、当時(1923年頃)東京ー大坂間は特急で12時間を切っていたようです。
明治の終わりにはすでに12時間で走れたのですから、日本の鉄道の能力にあらためて感動impact

大坂に来てからは、東京との味付けの違いに苦労するようですが、これはちょうど高田郁の「みをつくし料理帖」の反対になりそうです noodle

ただ、当時の東京人から見たら大坂は地の果てのような場所で、簡単に娘を嫁に出すとは考えられないですね。少なくとも昭和40年ごろまでは、大阪弁自体日本語とは思われていなかったようで、学生時代に静岡出身の友人が高校の友達の前で大阪弁を使うと、「大阪弁なんか使うなよ」と真剣に抗議されていました。
そういう意味では、大阪弁を日本中に広めてくれた明石屋さんま氏に、大阪府から勲章を差し上げてもいいのでは、と思います〔笑)
 
 

 
神戸のあるお店の前で
しゃれたベンチですが、とても座る勇気は無かったsweat02

   
P1020440s


|

« 「プーシキン美術館展」 | Main | 中田永一 「くちびるに歌を」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「プーシキン美術館展」 | Main | 中田永一 「くちびるに歌を」 »