« ハイドン 交響曲第100番 ト長調 「軍隊」 | Main | 日本伝統工芸展 大阪展 »

October 18, 2013

バーンスタイン ウェストサイドストーリーから 「マンボ」

あるテレビ番組に出ていた「嵐」の松本潤クンが、会いたい人の1人に「グスターボ・ドゥダメル」と書いていたので少々驚いたら、(多分Youtubeで見た)「マンボ」の演奏にとても感銘を受けたため、と話していました。
ドゥダメルはベネズエラ出身ながら若くして一流オーケストラから招かれ現在はロスアンゼルス・フィルハーモニックの主席指揮者です。彼がベルリンフィルを振ったベートーヴェンの5番をテレビで見ましたが、爽やかな笑顔で颯爽とした指揮振りに私も大いに感銘を受けたのですnote
音楽とはその字の通り楽しく演奏し聴くものという、まさしく新時代の指揮者ですねheart02
ということで、たぶん松潤クンも見たであろう彼がなじみのシモン・ボリバル・ユースオーケストラと演奏したアンコール曲「マンボ」。日本でのアンコールと違って観客の反応がまさしくマンボそのものですimpact


 

|

« ハイドン 交響曲第100番 ト長調 「軍隊」 | Main | 日本伝統工芸展 大阪展 »

「音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ハイドン 交響曲第100番 ト長調 「軍隊」 | Main | 日本伝統工芸展 大阪展 »