« 余裕を持って | Main | 万博公園のちいさな秋 »

October 01, 2013

中田喜直/サトウ・八ロー 「小さい秋見つけた」

Samejimak鮫島有美子の独唱、ヘルムート・ドイチュのピアノ伴奏で。1988年3月、フランクフルトでの録音。まさしく小さな秋を見つけられそうな季節ですね。ということでこの曲の出番。日本のいや日本語で歌われた歌は全部鮫島さんのCDで聴いていますが、日本の歌曲のなかでもこれくらいみんなが知っていて水準の高いものは少ないでしょう。
「誰かさんが 誰かさんが」で始まるセンスのよさと親しみやすい歌詞、そして完璧と言っていい曲の組み合わせは最高note
私はこの歌を聞くと、昔週刊誌の表紙に連載されていた谷内六郎氏の絵を思い出すのです。
鮫島さんの余裕があり、素直な叙情を込めた歌唱はもちろんですが、ドイチュさんのいつもながら見事なピアノにも聴き惚れますheart02
フランクフルトの教会で行われた録音はナチュラルでピアノの響きが特に素晴らしいnotes
  
  
 

 
 

  
Img_0186m

|

« 余裕を持って | Main | 万博公園のちいさな秋 »

「声楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 余裕を持って | Main | 万博公園のちいさな秋 »