« ロッシーニ 「ウィリアム・テル」序曲 | Main | 小川洋子 「人質の朗読会」 »

October 30, 2013

ハイドン 交響曲第92番 ト長調「オックスフォード」

Hydon_lbバーンスタイン、ウィーン・フィルハーモニーの演奏、1984年2月の録音。最近はハイドンにはまっていて連日のように聴いています。この4枚組のセットには3曲の交響曲とミサ、「天地創造」などが入っていてなかなか趣味のよい選曲だと思います。ニューヨークフィルとは元気一杯だったバーンスタインも交響曲の場合、ウィーンフィル相手ではそれほど好き勝手も出来ないようですが、このコンビの相性の良さで仕上がりは文句なし。天下のウィーンフィルといえども誰が振っても名演になるわけではないのです。
ところで、92番は「オックスフォード」という名前がありながらロンドンセットには含まれておらず、従ってカラヤンとBPOやバーンスタインとNYPの録音が無いのでこれは貴重なものでもあるのですnote
 
 
 

  
 
以前の写真だけど最近は柿がおいしい。
毎日ヨーグルトに入れて食べています。

    
   
P1010705s_2


|

« ロッシーニ 「ウィリアム・テル」序曲 | Main | 小川洋子 「人質の朗読会」 »

「交響曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ロッシーニ 「ウィリアム・テル」序曲 | Main | 小川洋子 「人質の朗読会」 »