« 十六夜の月 | Main | 川端康成文学館 »

September 21, 2013

お点前

茶せんを頂いたのでお椀を買おうと思っていたら、奥さんが食器棚の奥から萩焼のお茶碗を探し出しました。
結婚当初に萩で買ったそうで、そういえば夙川で花見をするときに持参して、お点前ごっこをしていたようなheart02
もう、うん十年前の出来事ですsweat01

ということで、やっとそれらしくお茶を点てることができましたnote
 

 
P1020399rm


|

« 十六夜の月 | Main | 川端康成文学館 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

u子さん
お茶を点てると普段の食卓でも気持ちが落ち着きます。
そういえばお彼岸でした。
お月さま、お茶とくれば残るはおはぎですね(笑)

Posted by: よし | September 22, 2013 at 09:37 AM

萩焼きのおちゃわん、いいですね。
抹茶が引き立ちます。

今日もお茶点て様かしら。お彼岸です。こぶりのおはぎ
がいいかな。

Posted by: u子 | September 22, 2013 at 08:31 AM

narkejpさん

茶せんを頂いてから「その気」が起こったということですね。
これからも休みの日はゆっくりお茶をいただこうと思います。

Posted by: よし | September 21, 2013 at 04:38 PM

ああ、いいですねぇ。季節の和菓子などをいただきながらゆっくりとお抹茶を、なんてのが夢でありますが、妻も地域の仕事でなかなか多忙で、お点前も遠い昔になりました(^o^;)>poripori
仕方なく無粋なコーヒーメーカーを友としておりますが、お抹茶の香りと味をゆっくりと楽しめるのは、いつのことやら…。

Posted by: narkejp | September 21, 2013 at 01:53 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 十六夜の月 | Main | 川端康成文学館 »